井上尚弥が「他人との比較」をムダだと思う理由

「リング上のパフォーマンスがすべて」

繰り返すが、僕のポリシーは、「リング上のパフォーマンスがすべて」。そこに付随する物語の必要性はプロとして感じない。人生の苦労などないほうがいいに決まっている。

井上尚弥のストーリーは、その足跡の後ろにできればいいのである。

しかし、ハングリーを知らないボクサーの話を綴るとき、改めて両親への感謝の気持ちがあふれてくる。

「マイナスからのスタート」だった父

父は、人一倍苦労をした。小学生の頃、ギャンブルが原因で両親が離婚。祖母の家に身を寄せ、トラック運転手をして家計を支えた母1人に育てられた父は、高校にいかなかった。勉強嫌いだったというが、少しでも母に負担をかけまいと、すぐに塗装業の親方に弟子入りして働き始めた。父は、「オレの人生はゼロではなくマイナスからスタートだよ」と、笑い飛ばすが、こうも言った。

「母子家庭だったけど、つらいと思ったことは1度もない。人の家を見て、父がいていいな、なんてうらやむことが好きじゃなかった。お小遣いが欲しければ、買いたいものがあれば自分で働けばいい。そう思って中学からバイトしたんだ」

途中やんちゃをして道を外れかけたこともあったらしい。だが、母と結婚。人の倍働いて仕事を覚え、20歳で独立。「明るく成りあがる」の思いを社名にこめて「明成塗装」を立ち上げた。当時は、バブルが弾けた経済状況で、母の両親からは反対されたが、信念を貫き、コツコツとした努力と誠実さで、顧客や関係会社の信頼を勝ち取り、会社を成功させた。

4畳半と6畳。父曰(いわ)く、「雨戸を閉めても風が吹くとカーテンがヒューヒュー鳴いた」という借家暮らしで新婚生活が始まり、僕も弟の拓真も生まれた。そこでお金を貯め、マンションに移り、29歳のときに一軒家を建てた。母や僕たちに苦労はさせまいという男の責任感。僕たちには人生をマイナスからスタートさせたくなかったのだ。

子どもの頃は、父の苦労を一切、感じなかった。おそらく父は、僕たちに心配させないように気を使っていたのだろう。

次ページ井上尚弥が知って感動した「父の親心」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT