「天職を見つける人」「見逃す人」の決定的な差

仕事の「違和感」がその人のキャリアを作る

僕の経験を振り返ってみても、たとえば、今やっている雑誌やテレビといったメディアに出てコメントをさせてもらう仕事というのは、結局のところ、誰かしら僕を引き立ててくれる人がいて、そのおかげで仕事をさせてもらっているわけです。

ただ、だからといって、キャリアのすべてを他人任せにしていいかというと、そういうわけでもない、と僕は思います。最初は誰かから命じられた仕事であっても、だんだんとキャリアを積み重ねる中で、自分はこの仕事をやっているんだ、これが一番やりたいことなんだ、と思えるように、主体的に動いていく必要がある。

そのために取り掛かる第一歩こそが、実は、自分の「やりたくないこと」を明確にしておく、ということなのだというのが、僕の考えです。

違和感がその人のキャリアを作る

「やりたいこと」よりも前に「やりたくないこと」を明確にする、というのはどういうことか。それは、日々の仕事の中で「あれ?」「これってちょっと違うんじゃない?」という違和感を大切にする、ということです。

これは「仕事に違和感を覚えたからすぐに辞めろ、転職せよ!」ということではありません。誤解しないでくださいね。むしろ、自分の中に生じた「違和感」を手掛かりに、自分自身や仕事の見識をより深めていく、ということなんです。

仕事をしていて違和感を覚えたときに、そこから逃げるのではなく、自分がなぜ違和感を覚えるのか、どうしたらそれを克服する(あるいは回避する)ことができるのか。そうやって日々の仕事に対してその人なりの適応をしていく。

もちろん、あまりにも肌が合わないとか、パワハラがひどい、と思ったら辞めていいと思います。怠けたいわけでなく、性に合わない仕事を「我慢しろ」「耐えろ」と言う気はさらさらないのです。

ただ、目の前の仕事に対する「違和感」に対して、どうすればそれを軽減できるか、どうすればそれをプラスに転換できるか、ということを考え、仕事に適応していく。そのプロセスから学べることって、すごくたくさんあるんです。

「自分には合わない」と思ったときに、どうやればその仕事をこなせるか、と工夫する。そうすると不思議なことに、段々と「自分とはどんな人間か」「社会とはどんな仕組みで回っているのか」……、ということが見えてくるんですね。

次ページ自分なりの工夫をしながら仕事をしていると…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT