あの国会図書館が芸能人ブログを保存開始の訳

選出された42人とは?

国会図書館がタレントのブログを保存・収集することに。候補者はどのような基準で選ばれたのでしょうか?(写真:週刊女性PRIME)

「10月5日に国会図書館が、“ブログ”の保存と収集を発表しました」(一般紙社会部記者)

新聞や雑誌など日本国内で出版された出版物のすべてを保存する国立国会図書館。なぜ今回、ブログを収集することになったのか。

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

「国会図書館では、2002年から、主に国の機関、地方自治体、国公立大学などを対象にウェブサイトを保存していますので、今回はその範囲を広げるといったことでしょう」(同・一般紙社会部記者)

国会図書館が運営する『インターネット資料収集保存事業』のホームページで、“ブログ”と検索すると、今回保存の対象となった市川海老蔵や、その妻で2017年に亡くなった小林麻央さん、元卓球選手の福原愛、元バレーボール選手の大林素子など文化人やスポーツ選手を中心に42人のブログが表示される。

「収集対象は、すべて株式会社サイバーエージェントが運営する『アメーバブログ』のブログです。今回の件は、アメブロの協力によるものですね」(同・一般紙社会部記者)

サイバーエージェント(以下、CA)に今回の経緯について話を聞くと、

「2017年のスタンフォード大学において小林麻央さんのブログが保存された流れを受け、弊社から“日本の図書館でもブログに関して何かできないか”と国立国会図書館様にご相談した結果、“ぜひブログを保存したい”とお話をいただき、実現した次第となります」(CA広報部)

保存ブログの選定基準

なぜこの42人が選ばれたのか。収集の基準について、国会図書館のインターネット事業を担当する国立国会図書館関西館に話を聞くと、

「CAが提示したブログの候補について、当館側で確認し、収集することになりました。またブログの収集については、当館の資料収集方針に従い、選定基準として“公共性の高いものや、時代を記録するものを重点的な対象”として収集しています。ブログは、時代を記録しているメディアと位置づけられると考えています」(関西館総務課)

次ページなぜ42人という人数に?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。