殺人犯にされた人が語る「ネットリンチの恐怖」

心を病まないようにするには…

先ほどお話した堀ちえみさんは、“夫に関する名誉毀損があったため、警察に行った”とブログに書いていらっしゃいました。抑止力にはなりますが、基本は内緒にしたほうがいいです。

その理由は3つあって、1つ目は相手に“挑発”と取られてしまい、刺激してしまうことにもなりかねない。2つ目は、アカウントを消したり、携帯電話自体を隠すなど証拠を隠滅する恐れがある。

完璧に消すことはネットの場合不可能ですが、情報開示が認められない可能性もゼロではないので、隠滅されないようにしたほうがいいです。3つ目は逃亡される恐れがあるから。口外するにしても自分の身内や家族で留めてください。あとは警察に任せましょう」

心を病まないようにするために

警察に捜査を依頼し、情報開示をSNSに求める裁判を起こし、その後にようやく加害者への裁判を起こす……となると、かなりの時間とお金を要してしまう。そこまでできない人も中にはいるだろう。トラブルが起こっても“スルーする力”は、SNSを楽しむうえで重要なのだとキクチ氏は言う。

「その力を身に付けておかないと、傷ついて心が病んでしまいます。Twitterは“お皿”みたいなもので、応援のリプライがスープだとしたら、誹謗中傷はハエのようなもの。

スープの中にハエが入り込むと、面積はスープのほうが広いのに、どうしても小さなハエが視界に入る。それと似た感覚で応援より悪評のほうが気になってしまうんです。誰にでもハエは飛んできます。でも、それを自分で見ないようにしないと、SNS自体がストレスになってしまいます」

『突然、僕は殺人犯にされた』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

自分の経験があったからこそ、ネットに関するリテラシーに興味を持ち、意識が高まったというキクチ氏。現在はネットでの言葉の責任の重さを説いたり、自身の壮絶な体験談を語るなど、全国各地で講演会を行い、被害にあった人へ向けてアドバイスを送ることもある。

「“フィルタリング”を、スマホではなく自分の感情につけないといけないですね。僕自身も、Twitterに投稿するときは必ず事前に1度、下書きします。書き終えたら一度冷静になって、半日〜1日ほど経って見直して投稿するようにしています。

SNSでは、フォローしている人以外の発言が目に入りにくい。見えている情報だけを信じ込まず、ネットから離れて他人の意見を聞いたり、冷静に考えることも必要です。SNSを使いこなして便利に情報を手に入れるか、それともデマに翻弄されるかは、その人の心構え次第だと思います

20年間の末に見いだした“ネット社会との付き合い方”は、現代を生きる多くの人の教訓となっている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT