「米景気後退は不可避」といえるこれだけの理由

利下げがひとまず打ち止めならどうなるのか

こうしたデータを見る限り、リセッションに陥るのはもはや時間の問題と考えておいたほうがよさそうだ。リセッションの定義は2四半期連続でのマイナス成長ということなので、早ければ今年の10~12月期からリセッション入り、それが確認されるのは来年4月以降ということになるのではないか。

もちろん、ギリギリのところで回避できるのかもしれないが、今となっては大きな問題ではないだろう。いずれにしてもこの先景気がさらに減速するのは間違いないし、それが改めて株価を押し下げるようになるのも避けられないと考えられるからだ。市場にとって重要なのは、リセッション入りが確認されるかどうかではなく、今後の株価の調整がどの程度大きなものになるのかということなのではないか。

トランプ大統領はあらゆる手段で景気浮揚に走る

今のところ株式市場は好調さを維持しているが、実際に景気がリセッションに陥るか、目前まで悪化した場合には、それを反映する形での調整は避けられないだろう。もちろん政府がそうした状況を、手をこまねいて見ているだけということは考えられない。

来年の大統領選で再選を目指しているトランプ大統領だけに、あらゆる手段を用いて景気を浮揚させようとしてくるだろう。足元の状況を見ているだけではリセッションは避けられないのかもしれないが、状況は時間と共に変わってくるものでもある。相場の先行きを読むには、こうした状況の変化も想定したうえで、その影響を見極めなければならない。

今後株式市場が大幅な調整局面に入るのを回避することができるとすれば、どのようなシナリオが考えられるのか、次回のコラムではこの部分に焦点を当ててみたいと思う。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 内田衛の日々是投資
  • 「合法薬物依存」の深い闇
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。