SNSに疲れた現代人に贈る「面白さ」の本質論

万人ウケする「面白さ」がすべてではない

普通、他者から認められること、褒めてもらうことが楽しみだ、と考える人が多い。周囲から「いいね」をもらわなければ意味がない。周りに無視されるのは地獄だ、と考えている人が、最近の若者には多いとも聞く。これは、「面白い」とは、大勢に受けるものだ、という認識である。

この価値観の人が面白いものを作るには、周囲の声を聞き、それに反応して試し続けるしかない。自分の思考や技術ではなく、周囲の空気を読むことが重要となるだろう。

研究者の価値観は、これとまったく対極にあるともいえる。面白いと感じるのは自分であり、面白さを生み出すのは、自分の思考だ。

僕は、研究者から作家になった。わりと珍しい人生を歩んだことになるが、エンターテインメントを仕事にしても、研究者だった頃と、この意味ではまったく価値観に変化がない。当たってなんぼの世界にいても、面白さを作るのは、あくまでも自分の頭だと認識している。人の声に左右されることは、僕にはない。

ただ、どういったところへボールを投げれば、受け取ってくれる人がいるのか、という意味で環境を観察することは重要だ。これが、ネットでいろいろな人の考え方を眺める理由である。受けるものを作る仕事になっても、自分が作り出すものの質には変化がない、ということである。

「知る」ことと「気づく」ことはちょっと違う

「知る」ことの面白さには、もっと別の要素もある。ただ知るだけではなく、知ることによって、なにかに「気づく」という体験があると、さらに劇的に「面白い」ものになるだろう。

「知る」と「気づく」はどう違うのか。「知る」のは新しい情報だが、「気づく」のは、これまで自分が知っていたことと「関連づける」行為が伴う点が異なる。

ミステリーにおいて、探偵が事件を解決するシーンは、定番の面白さといえるだろう。そこで披露される真相は、読者に「それは知らなかった」と思わせるだけでは、面白くもなんともない。そうではなく、「ああ、だからあれが、あんなふうになったのか」と気づかせることが、ミステリーの「面白さ」の根源だ。意外な関係に気づかされること、といってもいいだろう。

興味深い「面白さ」は、とても幅広い。なぜなら、人それぞれ、いろいろなものに興味を持っているからだ。例えば、恋愛に関心がある人なら、恋愛を扱ったものが「面白い」と感じる確率が高くなる。どんな恋愛なのか、さらに掘り下げていくと、もっと興味深い「面白さ」に出合うかもしれない。

次ページとがった「面白さ」は不謹慎にもなりうる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT