「エンドレス婚活」に陥るエリート男性の特徴

200人とお見合い、婚活費用200万円

“好条件”のエリート男性たちが婚活を続ける理由とは(写真:Kazpon/PIXTA)
 結婚相談所の経営者として婚活現場の第一線に立つ筆者が、急激に変わっている日本の婚活事情について解説する本連載。
今回のテーマは、「エンドレス婚活」。お見合いの申し込みが数えきれないほどあるという“好条件”の男性たちが結婚できずに何年も婚活を続けてしまう原因について考えます。

「エンドレス婚活」、これは結婚相談所業界の“あるある話”です。エリート男性で年収も高い。1日に5人、毎月150人ぐらいお見合いのお申し込みが来る。にもかかわらず成婚に至らない。いくつも相談所を渡り歩き、婚活が長期化してしまう現象です。確かに本人にそうなってしまう原因があるのですが、エンドレス婚活を放置している結婚相談所側にも原因があると私は考えています。

200人お見合いしてもダメだった

あるエリート男性のKさん。30代半ばで国立大学大学院修了、年収800万円以上。婚活市場では間違いなく“いい条件”です。お見合いのお申し込みはたくさん来るので、毎週土日に3〜4人ずつお見合いを続けてきました。弊社に来るまでに何人とお見合いしたか聞いたら、なんと200人だそうです。200人とお見合いしていてなぜ結婚できなかったのでしょうか。

この連載の一覧はこちら

それは、女性をぱっと見で判断しているから。なまじ条件がいいので、お見合いの申し込みの中にはモデルのようにきれいな女性もいます。そうすると、もっといい女性がいるんじゃないか、もっと自分にふさわしい女性がいるんじゃないかと考えてしまうようです。

それで女性としっかり向き合うことなく雰囲気だけを見て好き、嫌いを判断してしまう。結婚はその人の人間性や結婚観、人生観にまで関心を持たないと決まりません。

エンドレス婚活に陥る人はたいてい一流大学を出ていて頭がいいせいか、婚活に対する意識が受験勉強と同じ。1つずつノルマを潰していくように婚活をしてしまい、結婚という本来の目的を見失いがちなところも原因の1つとなっています。

土日の有名ホテルのロビーに行かれたことはありますか? 実はそこはお見合いする男女でいっぱいの空間です。エンドレス婚活に陥ると、そこで仲間ができてしまうというおかしな現象も起きてしまいます。

次ページ相談所を渡り歩く「評論家」も
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。