熱愛期を過ぎた夫婦が「仲良し」を維持するコツ

夫婦関係はケアしないとダメになる

部屋に飾られた「AKIRA」のポスター。夫のHさんはもともとマンガをはじめとする日本文化に興味があり、AKIRAはとくにお気に入り(写真:著者撮影)

結婚というのは、文化の違う2人が家族になること。国際結婚だと文化の違いはさらに大きくなります。そのせいもあるのか、実は日本人同士よりも国際結婚のほうが離婚率は高いのです。

でもその関係の中でうまくやっている2人のコミュニケーションには、多くの家族にとって大事なヒントが詰まっていると感じました。

仲のいいカップルに共通するのは「家事育児のそれぞれの役割に満足している」「お互いにリスペクトがある」「話し合える」「2人の時間を大切にしている」「それぞれの1人の時間も大切にする」ということ。

この2人はまさにそれに当てはまっている夫婦で、デートも大事にしていますが、意識的にお互いの1人でリラックスできる時間を作るように工夫もしていました。

「世界一の読書好き」のアイスランド

ところで、実はアイスランドは、世界一の読書好きな国民の国としても知られています。首都レイキャビクはユネスコから「文学都市」に認定され、1人当たりの蔵書数は日本人のなんと3倍以上。さらに、読むだけではなく、自分で文章を書くのも大好きで、自伝などを自費出版する人がかなりの割合でいるとか。「アイスランド人がまだ自分の本を出版してないなら、それは書いている最中ということ」という言葉もあるほどです。

今回、男女平等への道のりや、家族のお話を伺いながら、アイスランドが今のアイスランドになったのは、そんな教養の高さがひとつのポイントだったのかもしれない、とも思いました。

というわけで、今回学んだつかれない家族になるヒントは……

パートナーとコミュニケーション方法が合わなくて疲れた

相手のやりかたを否定せず、でも自分のやりかたも否定せず、
お互いがちょうどいい着地点を探そう
この連載にはサブ・コミュニティ「バル・ハラユキ」があります。ハラユキさんと夫婦の問題について語り合ってみませんか? 詳細はこちらから。また鹿児島で開催される、ハラユキさん関連イベントの詳細はこちらから。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。