住民疑問の声「田園調布浸水」は自然災害なのか 事前や当日の対策は十分だったか

印刷
A
A

「大雨の予測は2、3日前から散々言われていたが、河川の予測は極めて短く、通常2、3時間前からしか行われていない」と、河川に詳しい東京大学生産技術研究所の芳村圭教授は指摘する。「しかし今後は、大雨予測のように河川流量の予測も十分前に行い、十分準備しておくことが必要だ」。

現在の治水対策に不安を募らせている住民も少なくない。1974年の狛江水害など多摩川は過去にも氾濫している。大田区のハザードマップでは、今回浸水被害にあった地域は多摩川が氾濫した場合、0.5メートルから5メートル程度浸水するエリアにもなっている。もとより田園調布は、高台と多摩川に近い低地の標高差が最大約42メートルと、低地に水が集まりやすい地形とも言える。

丸子川では、流域豪雨に備えて東京都下水道局や都市整備局などと一体になって対策を進めているが、今回は現時点での状態では水を抑えられなかった。

「低地が犠牲になってもしょうがないのか」

浸水から約1週間経った今でも、浸水被害にあった住民は清掃作業などに追われている。取材に訪れた日も、水没して動かなくなった車をレッカー車が引いていたり、クリーニング業者が泥で汚れた洋服の回収を行っていた。被害にあった地域には商店街があるが、営業を再開できていない店も少なくない。1人暮らしの高齢者も数多く被害にあっているが、片付けなどを離れて暮らす子供などに頼るのも限界があるだろう。

丸子側沿いに捨てられていた自転車は泥だらけだ(東洋経済オンライン編集部撮影)

報道によると、大田区は保健師などのチームを構成し、被害地に派遣しているというが、現時点では「大田区からは消毒液を配布する人とか作業員してきていない。その消毒液も原液をそのまま持ってくるから、それをスプレーボトルなどに移し換えなければいけないが、そもそもそんなものを持っている人自体少ない」と、住居が床上浸水被害にあった女性は話す。「大田区からお見舞金2万円が出たが、それでは汚れた洋服のクリーニング代にもならない」。

辻さんも13日朝に区の防災管理課に視察などを求めたが、「上の者に伝えます」という回答があったのみで、18日時点では誰も訪れた様子はないという。「被害を受けたのは、大田区にある何十万世帯のほんの一部だから、と見捨てられていると感じる。大災害を抑えられるのなら、低地でこの程度の犠牲が出てもしょうがないということなのでしょうか」(辻さん)。

田園調布駅(東洋経済オンライン編集部撮影)

今回、丸子川を挟んだ反対側の地域ではまったく被害がなかった。台風の被害を受けなかった地域からは「地価が下がるので、浸水の話があまり報道されては困る」との声が上がっているという。

絶対数で見れば590件の被害規模は大きくないかもしれない。が、床上浸水被害にあった全員の生活はたった一晩で一変した。大田区は防災計画で、浸水リスクのある地域では、住民側もそれを理解し対策する必要があるとしているが、住民の啓蒙活動始め、行政による事前対策や当日の情報共有に問題はなかったのか。住民に説明する必要があるだろう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT