キャッシュレスが急速に浸透し始めた「必然」

メリットがあるのは消費者側だけじゃない

なぜキャッシュレスを推進するのか③――デジタル化推進

キャッシュレス化はそもそも社会のデジタル化の一部である、という側面もあります。キャッシュレス化の技術的な意味は、紙幣や硬貨を作るために用いられてきた「印刷術(プレスして複製する)」という複製技術が「デジタル」に置き換わるということです。

これまでは、紙幣であればまさに印刷ですし、硬貨もプレスするという意味では、基本的には同じく、印刷による複製の考え方で作られていました。

メディア学者であったマーシャル・マクルーハンの『グーテンベルクの銀河系―活字人間の形成』(森常治訳、みすず書房)で詳細に分析されていますが、産業社会では、活版印刷術があらゆる場面で私たちの文明の基盤を形成していました。

しかし今、「お金」の分野に関しては、印刷(プレス)して複製することから、デジタルによる複製へと激変が起きています。銀行の預金残高はすでに数量にすぎなかったのですが、消費者である私たちは多くの場面で紙幣や硬貨を使ってきました。それが急速に変わりつつあるということです。デジタル技術が登場し普及したことで、私たちの文明の根幹が変わろうとしています。

デジタルという言葉はディジット(数字)に基づいています。もともとは、数えるための指が語源になっており、対象を数字として表すのがデジタルです。一方、アナログはそれと対比されるもので、もともとは「類似・相似」という意味であり、連続量や度合いを表しています。

デジタルがもたらした社会の変容

面白いことに、多くの人はアナログという言葉を「アナクロ」、すなわちアナクロニズム、つまり、古くさいとか時代錯誤という意味で使っている感があります。

『2049年「お金」消滅 貨幣なき世界の歩き方』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

私が子どもの頃、大人たちは普通に「アナクロ」という言葉を使っていましたが、おそらくデジタルがもたらしたインパクトがあまりに強かったのでしょう、「アナログ」という言葉に(実際には間違っているのだけれども)取って代わられてしまいました。

パソコンや携帯、そして鉄道や工場の制御システムなど、広く使われ、もはや現代社会のインフラ的な存在となっているデジタルコンピューターは、数を扱います。文字も、音も画像も、何でも数に変換することで取り扱っています。いったん数にして表すことで、いくら複製しても情報は劣化せず、数学的な手法を用いることで圧縮や暗号化、ほかのデータ形式への変換など、高度な取り扱いが可能となりました。

「デジタルトランスフォーメーション」といった言葉で表現されることもありますが、「お金」の変容も含めて、今、起きている社会的な変化の多くは、本質的にどれも旧来の仕組みがデジタルへと切り替わっていく過程で生まれているものだと私は認識しています。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。