入館者大幅増、鉄道&おもちゃ美術館の合わせ技

列車から始まるユニークなミュージアム体験

だが、日本海の小さな町におもちゃ美術館を設立しても、実際にはどれだけの人が来てくれるだろうか。貴重な廃校舎をおもちゃ美術館としただけでは、何かが足りないのではないか。

「そう思いながら、鮎川小学校の敷地を歩いていると、校庭の向こうに線路があることに気づいたんです」(多田氏)

それが、由利高原鉄道だった。年間利用者数は約22万人、毎年1億前後の赤字を出し、市と秋田県が補填をしていると聞いた多田氏は驚いた。

「そこで閃きました。鉄道とおもちゃ美術館の一体構想としてここに駅を作れば、鉄道にとっても美術館にとっても大きな利益になるのではないかと」(多田氏)

鮎川小学校の最寄り駅、鮎川駅までは直線距離では800mほどだったが、鮎川を渡る橋がないため2km近く遠回りをしなくてはならない。そこで、由利本荘市は由利高原鉄道と相談し、仙台の東北運輸局に出向いて新駅設置を働きかけた。

おもちゃ美術館にふさわしい列車を

ところが、当該地点は25‰(1000m進むごとに25mの高低差)の勾配区間であることが問題になった。何度も仙台に通い、ようやく鉄道総研の調査団が派遣されたが、軌道強化などの厳しい条件が課せられた。整備費用は概算で1億円余り。おもちゃ美術館の整備事業費約2億4000万円に対し、あまりにも高額だった。

「新駅は諦めるしかありませんでした。その代わり、鮎川駅をおもちゃ美術館のオフィシャルステーションにして、格好いいシャトルバスを走らせようと考えました」(多田氏)

駐輪場を改造した「おもちゃまちあいしつ」のある鮎川駅。クラウドファンディングでは、目標の300万円に対し528万5000円を集めた(筆者撮影)

こうして、鮎川駅がおもちゃ美術館の玄関口となったが、これだけではよくあるアクセス駅にすぎない。鉄道と美術館の一体構想をうたうなら、おもちゃ美術館にふさわしい列車が必要だ。

実は、東京おもちゃ美術館の総合デザインを担当した砂田光紀氏は、かずかずの観光列車を設計した水戸岡鋭治氏と縁のある人物だ。JR九州・肥薩線の活性化事業なども手がけ、鉄道をプロデュースするノウハウがあった。多田氏も、和歌山電鐵の「おもちゃ電車」を視察したことがあり、本気で作った観光列車が人を惹きつけることを知っていた。

次ページ列車で出かけることがストーリーになる
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT