「引きこもったまま出馬し落選」41歳男性の半生

「思い立ったら失敗しよう」くらいがいい

人生を「あきらめて楽しんでる」さとう学さん。かつて不登校だった彼は、うつ病と闘いながらものびのびと生きている(画像:不登校新聞)
今回は、ひきこもりながら市議会議員選挙に出馬した、さとう学さん(41歳)のインタビュー。精神的に追いつめられているときは「0か100か」の極端な考え方になりがちだが、さとうさんは、無職か正社員かといった枠に縛られず、たくさんの「横道」にそれていく生き方をしてきた。ユニークなライフスタイルはどこからくるのか。その秘訣をうかがった。

――さとうさんは、2017年に埼玉県の入間市議会議員選挙に出馬されました。どのような選挙戦だったのでしょうか?

当時は、無職のひきこもり状態のまま選挙に出ました。体調もよくなかったので、選挙期間中はほとんど寝込んでいました。

活動ができたのは実質2日くらいで、当然ながら結果は落選。ですが、当選ラインの半数以上の票がとれたおかげで、供託金は戻ってきました。

近所の人からは、「知名度が上がったので、今度出馬したら当選するよ」と言われています(笑)。

――顔や名前を出して活動することに、不安はなかったのですか?

当記事は不登校新聞の提供記事です

まったくなかったです。そもそも地方選なので話題になるとも思いませんでした。たとえ有名人でも、1年前の不祥事なんて、誰も話題にしなくなるでしょう。

それなら俺ごときが何をしようが、「失うものは何もない」と思っていました。そんなふうに考えて、自暴自棄になったらいけませんけど、よい方向にいけば強みになることだと思います。

今の日本って「正社員や公務員にならないといけない」という重圧で、すごく窮屈ですよね。

「失うものは何もない」くらいの気持ちでいるほうが、選挙に出たり起業したりして、新しい挑戦ができると思います。

思い立ったら失敗しよう

世間には評論家みたいな人たちがいて、「変わったことをやっても、どうせ失敗するよ」と言うんですよね。

それはたしかに、そのとおりだと思います。実際に9割は失敗するから、世間の評論家は「ほら見たことか」と言えてしまう。

次ページ不登校のときが一番苦しかった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 溺愛されるのにはワケがある
  • iPhoneの裏技
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。