猫の珍行動に困る飼い主が意外と知らない真実

自由を好み、押さえつけられることを嫌う

今一度、猫の困った行動をリストアップしてみましょう。家具にする爪とぎ、棚に上ってものを落とすなどから、興奮して人をかんだり引っかいたりすることまで、よくよく考えてみると、これらはすべて猫の習性なんですね。

猫のイタズラは環境整備で予防して

動物の習性は、言わずもがな、生まれつき身に付いている行動の形のようなものですから、抑えてしまうと、本来の動物らしさ、猫らしさが失われてしまいます。本来の習性による行動が思い切りできないと、ストレスがたまり、余計に問題行動へと走ってしまう危険もあります。

とはいえ、習性をそのまま好き放題にやらせてしまうと人が困ることになるわけですよね。だとしたら、習性の発散方法を一工夫すればいいのです。指示しつけが難しい猫に必要なのは、いわば環境整備です。

『猫脳がわかる!』(文春新書)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

例えば、家具に爪とぎをしてほしくないなら、その場所をブロックすると同時に、ほかに爪とぎしてもいい場所をたくさん作って、思い切りやらせてあげましょう。そして爪とぎされたくない場所をブロックする際、ポイントは、猫自らの意思で「その場所では爪とぎしない」と判断させることです。

飼い主がダメダメなどと追い払ったり、怒ったりしていると、飼い主を嫌なことと記憶して、信頼関係が崩れる可能性があるからです。猫脳は記憶力に優れ、とくに嫌なことを覚えやすく、1度覚えると長い間忘れないという特徴があります。

基本的に猫は自由を好み、押さえつけられることを嫌う動物です。人が猫と暮らすうえで忘れてはならないのは、猫のペースを尊重し、人が困らない方向へ猫の行動を自然と導けるように環境を整えることなのです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
アメリカの新常識<br>「バイデン勝利」で何が変わるか

コロナ対応をめぐって失点を重ねたトランプ大統領。各種調査では、再選は危うい状況になっています。バイデン氏の勝利によって、またもや米国は激変しそうです。待ち受ける政治・外交・経済の変化に加え、日本への影響や課題についても先読みします。

東洋経済education×ICT