世界的モデル、冨永愛の知られざる「壮絶半生」

「宇宙人」と呼ばれ、アジア人差別もあった

冨永愛が卓越したスタイルと美貌を持つトップモデルながら、お茶の間から共感を得られる理由とは(写真:アフロ)

モデルの冨永愛(37)に注目が集まっている。「林先生の初耳学」(TBS系)内の人気企画「アンミカ先生が教えるパリコレ学」シリーズに講師としてたびたび出演していたが、8月18日放送回でパリコレを目指す学院生たちにウォーキングを直接指導。その的確なアドバイスにより、学院生たちのウォーキングが見違えるほど上達。

SNSでは「言葉の選び方も綺麗で心に残る」「アドバイスの言語化が的確過ぎ」「スーパーモデルな上に頭良いし観察力も優れている」など、彼女の経験と実績に裏打ちされた指導力に絶賛の声があがっているのだ。ファッション界ではトップモデルとして特別な存在の冨永だが、彼女のことをあまり知らない若い視聴者からも大きな反響を呼んでいるようだ。

壮絶な過去をモチベーションに

17歳でニューヨークに単身渡米。日本人離れした抜群のプロポーションと、エキゾチックな顔立ちで瞬く間にトップモデルへと駆け上がり、様々なメゾンのランウェイショーに引っ張りだことなった冨永。一見、順風満帆に見えるモデル人生だが、現在に至るまでには壮絶な過去があった。

当記事は、AERA dot.の提供記事です

「冨永さんは2014年に自身の半生を綴った自叙伝を出版しています。どんなシンデレラストーリーが描かれているのかと思いきや、母親が結婚と離婚を繰り返し、3姉妹の父親が全員違うという環境で育ったこと、並外れたスタイルだったため、小学生のころはイジメに遭い、『宇宙人』というあだ名をつけられていたことなど衝撃的な内容が話題を呼びました。

姉の勧めで雑誌のモデルとなったものの、既製品が合わずに仕事に呼ばれない日々もあったそうで、コレクションモデルとして成功するまでには辛い時期を過ごしたようです」(女性ファッション誌編集者)

コレクションモデルとなってからも「アジア人だから」という理由で、正当な評価を得られなかったり、差別的な態度をとられたり、悔しい思いをしたことも多かったという。冨永は「そういう悔しさをモチベーションに、楽しんでいた」と語っている(「Forbes Japan電子版」8月22日付)。

次ページ多忙を極め体調を崩し
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。