有森裕子と松野明美、因縁の選考で秘めた胸中

バルセロナ五輪マラソン代表争いを振り返る

世界陸上2位の山下はバルセロナ五輪内定。残る2つの代表枠を争う選考レースは、1991年11月の東京、1992年1月の大阪、3月の名古屋を残すのみとなり、松野の有森へのライバル心はさらに加速していく。

有森と松野の代表争いは激しさを増していった。『マラソングランドチャンピオンシップ~東京五輪代表を懸けた運命の決戦へ』はTBSテレビ系列全国ネットで9月11日(水)よる8時~10時に放送(写真:TBSテレビ)

松野が選考レースに選んだのは、1月の大阪国際女子マラソンだった。くしくも、1年前に有森が日本最高記録を出した大会だった。

「あの人(有森)には負けない。苦しみはこのレースで出しきろうという覚悟がありました」

有森も大阪国際女子マラソンへの出場を考えていた。しかし、前年10月の合宿中に故障。欠場を余儀なくされた。

1992年1月26日、大阪国際女子マラソン。有森が欠場したこの大会で、松野は驚異的な走りを見せる。しかし、五輪出場を当確にしたのは、誰も予想していない別の選手だった。

「25キロメートル地点で集団のペースがアップしたんです。でも私は自重して。終盤にペースアップするイメージを描いていましたから、ひとりずつ追い抜きました。ただ、前にもうひとりいるんですね。縮まるはずの距離がなかなか縮まらない。『あの選手は誰?』と思いました」

小鴨の登場で有森と松野の争いはさらに熾烈に

集団を引き離した松野は2位でゴール。1年前の有森を59秒上回る、2時間27分02秒の記録を出した。松野が追いつけなった相手は、小鴨由水(こかも・ゆみ)。当時まったく無名の存在ながら、2時間26分26秒の日本記録を打ち出したのだ。小鴨が代表有力になったことで、残る1枠を巡る有森と松野の争いは、さらに熾烈を極めることになった。

レースを見ていた有森はショックを受けたと語る。

「よりによって、2人に記録を破られましたからね。(松野は)絶対強いという自信をすごく持っていたのは知っていましたし、そのとおりの力を出したから、完敗でしたね」

しかし、有森が悲観的になることはなかった。当時の日記には次のように生々しく記している。

<絶対、あきらめるわけにはいかない。小鴨を落してでも、松野を落してでも、私は必ず五輪に行く。今はとにかくこの左足を治す>

有森は3月の名古屋国際女子マラソンの出場に向けて、準備を進めていた。しかし、小出監督は出場を見送るよう、有森に伝えたのだ。

「僕は名古屋で走らせちゃったら、もう五輪出場はないって思ったから。走らないほうがいい。(五輪までのレース)間隔の問題もあるし。もし欠点をうんと見せてしまったら、もう選ばれないなと」

小出監督の助言を受けて、有森は名古屋国際女子マラソンの出場を見送った。その大会では日本人選手が優勝したものの、突出したタイムが出ずに、内定とはならなかった。これで残り1枠は有森と松野に絞られた。世間のムードはタイムで上回る松野が優勢。それは有森の耳にも届いていた。

松野も自分が選考されると確信していた。

「たまたま見た新聞で、『有森か松野か』って見出しがあって、『どうして?』という思いがあったんですよね。(有森は)世界陸上だけしか走っていないし、選考では怪我してたじゃないって」

有森は世界陸上後の1991年9月から1992年2月まで、半年間マラソンを走っていなかった。しかし、バルセロナ五輪も猛暑が予想されたため、猛暑の世界陸上で4位という実績は、依然高評価だった。怪我を完治させた有森は、3月15日に岡山、3月20日に千葉で10キロメートルマラソンを走り、健在ぶりをアピールした。有森は「本気で出たいという気持ちを表現することが、見せるべき態度だと思った」と語る。

次ページ松野の記者会見、そして代表決定
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT