最新!「40歳年収」東京都トップ500社ランキング

推計年収1000万円を超えたのは36社

東京都に本社を置く企業で40歳時点の推計年収が高い企業にはどんな特徴があるのでしょうか(写真:ばりろく / PIXTA)

9月も中盤。今年度もあっという間に半分が過ぎ、ボーナスを含めた上半期の給与から、今年度の年収がどれほどなのか、試算している人もいるだろう。

東洋経済オンラインは上場企業を対象に各社の40歳社員の年収を推計。全国5地域(「東京」「東京除く関東」「中部」「近畿」「北海道・東北、中国四国、九州沖縄」)に分けてまとめた。その第1弾として東京都の上位500社ランキングを発表する。

最新の『会社四季報 2019年4集秋号』は9月19日発売。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

集計対象としたのは、『会社四季報』の本社欄に掲載した本社所在地が東京都となっている上場企業1623社。単体の従業員数が20人に満たない場合や平均賃金の発表がない企業は除いた。

有価証券報告書の公開データと厚生労働省が調査・公表している「平成30年賃金構造基本統計調査」を基に、業種分類ごとに賃金カーブを算出し、それを各企業の平均年収と年齢に当てはめて試算した。あくまで理論的に割り出した推計値ながら、一定の目安となるはずだ。

グループ企業については、全体で連結ベースの年収を算出するのがベストだが、基データとして使用している有価証券報告書のデータが単体会社のものであるため、単体の年収数字となっている。本社の中枢機能を担う社員しかいないケースの多い、年収が製造現場などの実態より上振れる傾向にある純粋持ち株会社も一部除いた。また、ランキング表内で社名末尾に「*」のある会社は主要子会社のデータを採用している。

1000万円を超えたのは36社

トップ10にはM&A助言業の企業が5社ランクイン。1位にM&Aキャピタルパートナーズ(2920万円)、2位にGCA(2129万円)、4位にストライク(1636万円)、5位に日本M&Aセンター(1535万円)となった。4社とも平均年齢は30代と若い。7位には2018年9月に上場したフロンティア・マネジメント(1429万円)。同社も経営支援やM&Aアドバイザリーを行う企業だ。

ランキング対象企業のうち、40歳推計年収が1000万円を超えたのは36社。40歳で大台を突破できる高給企業は、全体の2%弱と限られた存在だ。

40歳といえば会社でも人生でも、ちょうど折り返し地点ともいえる年齢。最初の管理職とされる課長クラスに昇進する人も増えるこの年代あたりから、給与の差も出やすくなっている。

次ページまずは1~50位のランキング
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT