「ダウ暴落、1ドル=65円時代が来る」と読む理由

NY在住「伝説のトレーダー」若林栄四氏に聞く

では、今回のバブル崩壊をいつと見るかですが、非常に長い歴史観からすれば、過去のバブル高値の起点は、暗黒の木曜日と言われた1929年の大暴落の直前であり、そこからの黄金律として、正五角形の高さに関連する59と、それを分解した36.5の和である95.5年後に該当する2024年が、今のバブル崩壊後の大底と考えられます。

それはつまりNYダウが大底を打つタイミングでもあります。

NYダウの上昇は、大局的に見ると1982年8月の底値である770ドルから始まりました。その36.5年後は2018年であり、NYダウは2万6951ドルの高値を形成しました。その後、NYダウは年末年初の大きな調整を経て再び上昇相場に転じ、2019年7月16日には2万7398ドルの高値を形成しましたが、黄金律から見た実質的な高値は、2018年10月につけた2万6951ドルであると考えられます。そこから黄金律に基づいて計算すると、2024年のNYダウ安値は、8701ドル~1万2201ドルと考えられます。

たとえドルでも安泰ではない

当然、これだけNYダウが下落すれば、ドルも売られます。

『黄金の相場予測2019 パーフェクト ストーム』。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

ただでさえ、今の外国為替市場には、巨額な円売りポジションが滞留しています。というのも、円で運用しても金利がつかないため、日本の金融機関、機関投資家が円で調達した資金を売ってドルに替え、外国株式や外国債券で運用しているからです。その額は2018年9月末で473兆円にものぼります。

このように、世界中に滞留した円売りポジションが、数十年に一度、大爆発することがあります。直近の例では、1995年4月の1ドル=79円75銭が典型です。このときは95円を割れたあたりから、世界中の円売りポジションの巻き戻しが始まり、最後は東南アジアの中央銀行が猛烈な円買いを仕掛けたことで、急激な円高が進みました。

今も世界中に巨額の円売りポジションがあることから考えると、どこかの時点で円売りポジションの強烈な巻き戻しが行われる可能性は十分にあると思います。NYダウの急落がその引き金となり、株価がボトムに向かう途中の2023年あたりに向け、1ドル=65円が示現するというのが、私の大局的な相場観です。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT