カーシェアリング市場が広がる、エコブームも追い風に


 1台の車を複数人で利用する「カーシェアリング」の市場が広がりを見せている。現在、事業者は20社にまで増え、今年1月には三井物産の全額出資子会社カーシェアリング・ジャパンが東京都内でサービスを本格的に開始した。会費は月額1980円で、利用料金(30分590円から。プラス1キロメートル20円)が別途必要。ネットで予約し、最寄りの指定駐車場に行けば利用できる。従来のレンタカーと違い、短時間の買い物に利用でき、ガソリン満タン返しが不要という手軽さが特徴。「計画以上に会員が集まっている」(鈴木大山副社長)という。大都市圏中心に5年後に所有車両1000台、会員2万人突破を目指す。

また、2002年に他社に先駆けて事業を開始した国内最大手のオリックス自動車も勢いづく。会員数は5年かけて1000人到達がやっとだったが、08年末の会員は3700人に急上昇。「洞爺湖サミットや原油急騰もあり、エコな移動手段として認知が進んだ」(高山光正・カーシェアリング部部長)。利用者は30代男性が多く、高級車を手放して入会するケースもあるという。

カーシェアリングが最も盛んな国、スイスでは総人口の1%が利用しているという。それには及ばずとも、クルマ利用者の潜在需要をどこまで掘り起こせるかが注目される。

(西澤佑介 =週刊東洋経済)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT