ジム・ロジャーズ「日本人よ、故郷を捨てよ」

パスポートは「世界最強」なのに宝の持ち腐れ

大投資家であるジム・ロジャーズも故郷のアメリカを「捨てて」今はシンガポールへ。大好きな日本に向け「日本人よ、故郷を出るべきだ」と言う(写真:筆者撮影)

ファイナンシャルプランナーの花輪陽子です。ジム・ロジャーズ氏へのインタビューの中から、皆さんにとって役に立つメッセージをご紹介していきます。今回は、家族とお金を守るための成功法則をお伝えします。

人生で成功するために「やってはいけない」ことは複数あるということで、今回もその中から重要なメッセージを1つご紹介しましょう。

大学生になったら、もはや故郷から離れるべき

「私は娘たちに『家からできるだけ離れた大学に行きなさい』と言い続けている。それが自分自身のことを知り、世界のことを知り、やがては故郷の本当の姿を教えてくれることになるからだ。結婚する前の若いころは、少なくとも2年は自国を離れて、自分自身や世界について学ぶべきと私は考える。故郷にとどまろうなどとは決して思うべきではない」

故郷にとどまり続けると、思わぬ落とし穴があるようです。シンガポールのインターナショナル校で学んで、アメリカの有名大学に進学した日本人も、こんなエピソードを漏らしていました。

その有名大学には、地元から出たことがないアメリカ人が多く、シンガポールなどアジアにエクスパッド(駐在員)で暮らしているアメリカ人とは大きな差があったと。そのためカルチャーショックを受けたそうです。

筆者も学生時代、アメリカにホームステイをしたことがありますが、同様の経験をしました。シンガポールで暮らしている今も、やはりアジアに出ているアメリカ人と、自国の地元しか知らないアメリカ人とでは、何か大きな違いを感じます。アジアに出てきている人は、アジア人への理解、自国について説明する能力、他国の本質を見抜く考察力などがあるのです。

次ページアメリカ人以上に内向き志向の日本人
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 就職四季報プラスワン
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。