「ベンツGLE」は最新進化で一体何が変わったか

大型化で7人乗りとなった人気SUVの真価

多目的性が喧伝される新型GLE(写真:LEON編集部)
フルモデルチェンジしたメルセデス・ベンツのミドルサイズSUV、新型GLE 450 4MATIC Sportsに試乗。大型化し7人乗りとなった人気車はどう進化したのか?

ゆったりとどこまでも行きたくなるSUV

新型「メルセデス・ベンツGLE」が2019年6月に発売された。
2015年のフェイスリフトから4年を経たモデルチェンジとなるが、そのぶん最新の技術がふんだんに盛り込まれているのが特徴だ。

本記事はLEON.JPの提供記事です

新型GLEは、先代よりサイズが大きくなった。全長は約100ミリ延びて4930ミリとなり、ホイールベースは80ミリ延長された。そして3列シートの7人乗り仕様となったのも注目点である。

今回試乗した「メルセデス・ベンツGLE 450 4MATIC Sports」は3リッター直列6気筒ガソリンエンジン搭載モデルだ。ほかには2リッター4気筒ディーゼルの「GLE 300d 4MATIC」と3リッター直列6気筒ディーゼルの「GLE 400d 4MATIC Sports」が日本向けに用意される。

全長は約110ミリ延びて4940ミリとなり、ホイールベースは80ミリ延長された(写真:LEON編集部)

直列6気筒ガソリンエンジンは、S 450やCLS 450 4MATIC SportsやE 450 4MATICで紹介されているパワープラントだ。インテグレーテッド・スタータージェネレーター(ISG)を組み込んでいる。

ISGは、過給機であるターボチャージャーの効果が追いつかない発進時のごく低回転域を担当する。電気モーターを回すことでトルクを補うシステムで、さきに触れた各モデルで、その実力は証明ずみだ。

次ページ実際の走り心地は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT