「ベンツGLE」は最新進化で一体何が変わったか

大型化で7人乗りとなった人気SUVの真価

多目的性が喧伝される新型GLE(写真:LEON編集部)
フルモデルチェンジしたメルセデス・ベンツのミドルサイズSUV、新型GLE 450 4MATIC Sportsに試乗。大型化し7人乗りとなった人気車はどう進化したのか?

ゆったりとどこまでも行きたくなるSUV

新型「メルセデス・ベンツGLE」が2019年6月に発売された。
2015年のフェイスリフトから4年を経たモデルチェンジとなるが、そのぶん最新の技術がふんだんに盛り込まれているのが特徴だ。

本記事はLEON.JPの提供記事です

新型GLEは、先代よりサイズが大きくなった。全長は約100ミリ延びて4930ミリとなり、ホイールベースは80ミリ延長された。そして3列シートの7人乗り仕様となったのも注目点である。

今回試乗した「メルセデス・ベンツGLE 450 4MATIC Sports」は3リッター直列6気筒ガソリンエンジン搭載モデルだ。ほかには2リッター4気筒ディーゼルの「GLE 300d 4MATIC」と3リッター直列6気筒ディーゼルの「GLE 400d 4MATIC Sports」が日本向けに用意される。

全長は約110ミリ延びて4940ミリとなり、ホイールベースは80ミリ延長された(写真:LEON編集部)

直列6気筒ガソリンエンジンは、S 450やCLS 450 4MATIC SportsやE 450 4MATICで紹介されているパワープラントだ。インテグレーテッド・スタータージェネレーター(ISG)を組み込んでいる。

ISGは、過給機であるターボチャージャーの効果が追いつかない発進時のごく低回転域を担当する。電気モーターを回すことでトルクを補うシステムで、さきに触れた各モデルで、その実力は証明ずみだ。

次ページ実際の走り心地は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。