「いい人が集まらない」と嘆く会社のダメ共通点

採用がうまくいかない会社の3つの理由

では、先ほどの質問に戻ります。

「あなたの会社の採用がうまくいっていない理由は何ですか?」

「少子化だから」「売り手市場だから」「中小企業だから」「不人気業界だから」「給料が安いから」「立地が悪いから」――。

もし、このようなことを1ミリでも思っているとしたら、結果を出せていない営業パーソンと同じ思考です。この思考パターンを切り替えていく必要があります。なぜなら、同じ売り手市場において、同規模の中小企業でも、同業界の企業でも、採用がうまくいっている会社はあるのですから。

いい採用をするためには、今すぐこの最悪の勘違いから逃れる必要があります。この記事では、売れる営業パーソンと売れない営業パーソンとの違いをもとに、「うまくいく採用」と「うまくいかない採用」との基本的な違いをお伝えしていきます。

採用を片手間でやっている

いい採用ができない会社に共通する理由には、大きく3つあります。1つ目が、「採用を片手間でやっている」からです。

売れる営業パーソンと売れない営業パーソンとの間には、いくつかのシンプルな違いがあります。その1つ目は、費やしている「時間」の違いです。売れる営業ほど、やっている活動があります。それは、営業活動です。拍子抜けするような話ですが、事実ですから仕方ありません。

売れないダメ営業は、単純に営業活動に割いている時間が圧倒的に足りません。営業活動がそれらのタスクの片手間で行われているからです。当社が民間企業における営業従事者3360人を対象に行った「日本の営業実態調査2019」によると、1日4時間以上、社内業務に時間を取られている人が21.4%いるという結果が出ました。

いい人財を安定的に採用できる会社とそうではない会社との違い。それは、そんな営業と同じく、「時間」です。いい人財を採用できない会社は、採用活動を片手間でやっているのです。

リソースの限られている中小・ベンチャー企業では、採用担当者は専任ではなく、教育研修、人事制度・労務、総務などの他業務と兼任となっているケースが多く見受けられます。中小企業庁の『2015年版 中小企業白書』によると、採用専任担当者がいる中小企業は全体のわずか5%程度。その他の中小企業は、社長、人事担当者、各部門の責任者が日々の業務と兼任しています。

一方で、リソースが豊富な企業では、1年を通して、採用担当者を専任に据えています。専任ということは、毎日、朝から晩まで、年がら年中、採用のことを考えている人間がいるということです。

もし管理部門の社員が4人いるとしたら、そのうち朝出勤してから夕方に退社するまで、ずっと採用のことを考えている人がいるでしょうか? もしいないとしたら、問題は明白です。ズバリ、そもそも費やしている時間と労力が足りていません。かけている時間と労力の差が、採用結果に表れているだけのことです。

次ページ採用を片手間にやるのはNGだ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。