最大手が本腰!熾烈なクルーズ客争奪戦

日本人客開拓へ、切り札は"あの"大女優

画像を拡大
特別メニューは、テンダーロイン・フィレ肉のステーキなど6品で構成される(撮影:梅谷秀司)

さらに、まだクルーズに馴染みのない日本人を広く取り込むため、広告宣伝には日本人にファンの多い女優オードリー・ヘップバーンを起用した。

船上では、オードリーにちなんだ特別メニュー(1989年に彼女が名付け親となった客船に乗った際、振る舞われた料理を再現)も提供される。

また、「クルーズ旅行は高額という固定観念を払拭するため、価格もリーズナブルに設定した」(スワーツ社長)という。たとえば、サン・プリンセスの場合、4泊5日で6万9000円から(諸税除く)となっている。

「クルーズは高齢化社会にマッチ」

プリンセス・クルーズが昨年12月に行ったアンケート調査では、旅行に際して最も負担になるのは「荷造りと荷物の持ち運び」という回答が6割を超えた。また、「せっかく旅行に行くなら、十分な日数を取り、できるだけ多くの場所を訪れたいと思うか」との質問には8割以上が「はい」と答えた。一度に多くの場所を訪れたいが、移動の手間がネックになっていることが浮き彫りになった。

一方、「日本発着のクルーズ旅行に行ってみたいと思うか」との問いには、半数以上が「行ってみたい」と興味を示した。カーニバル・ジャパンの木島榮子社長は「快適で安全なクルーズは、高齢化社会に合った旅行形態」と訴える。

画像を拡大
スワーツ社長は日本人客の取り込みに自信を見せる(撮影:梅谷秀司)

プリンセス社のスワーツ社長も「先進国では人口の3%程度がクルーズを利用しているが、日本はまだ1%にも満たない。新しい発見や体験が好きな日本人に多様な商品を提供したい」と、日本市場の潜在需要に期待する。

近畿日本ツーリストやエイチ・アイ・エスなど国内大手旅行会社も、今年はクルーズのチャーター便数を拡充する計画。成長市場を巡る「洋上の争奪戦」はまだまだヒートアップしそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。