ギリシャ時代のワインの意味合い《ワイン片手に経営論》第2回 

■ギリシャ時代のワインの意味合い-人口増加を支えたその交換価値

 紀元前1500年の当時、ワインは極めて高価なものでした。また、ギリシャにとって現代でいうところの外貨獲得の意味合いをもつ重要な産品であったと思われます。

 その頃のギリシャは、人口の増大とともに土地や食糧が不足してきたため、殖民政策をすすめていました。殖民政策の理由としては、旱魃(かんばつ)や、それを起因とした飢饉なども考えられるようですが、いずれにしても食糧が不足していたということだと思われます。植民地は地中海沿岸のエジプト、シチリア、マルセイユといった都市が有名ですが、近い丘には必ずといってよいほどブドウ畑があったようです。

 ギリシャという土地は、現在でも絵や写真を見ると、低層の草木とごろごろした岩山のようなイメージがありますが、昔からどうも乾燥していて決して肥沃な土壌のある場所ではありません。ギリシャに樹木が少ないのは、ギリシャ時代に貨幣を冶金するための木炭を確保するため全部伐採してしまったからという説もあるようですが、いわゆる穀倉地帯といえるような土地柄ではありません。こうした土地では、人口が増えてしまうと食糧調達、とくにパンの原料である小麦などをどうしても外国に頼らなければならなかったのだと思われます。

 この決して肥沃ではない場所においても、育つ植物がワイン用のブドウでした。繁殖力が強く、乾燥した土地や岩だらけの土地でも比較的良く育つ植物で、北半球全体に拡がっていました。ブドウの樹は、乾燥した厳しい環境であればあるほど、その根を地中の奥底まで伸ばし、栄養分や水分を吸い上げていく逞しい植物です。したがって、ブドウの樹が育つかどうかの北限地域で収穫されたブドウで造られたワインは、とても美味しく質が高くなる傾向があります。地中のさまざまな地層から多様な栄養素を吸い上げるためで、香りや味わいに深みが出てくるといわれます。こうしたブドウの樹の性質は、環境適応能力が高いということであり、逆に言うと環境によって変種や突然変異がおきやすいということでもあります。このようなごろごろした岩が多く乾燥した地域でも育つブドウは、神話の国ギリシャにとって神の恵みそのものであったことだと思います。

 当時のワインがどのくらい高価であったかというと、アンフォラという甕一つと奴隷一人を交換できるくらいのものでした。アンフォラというのは小さいもので約5L、大きいもので30Lくらいの容量があったと思われますが、今の750mlのワインボトルに換算すると大きいアンフォラとの交換でも3ダースくらいの量と、当時、最も交換価値の高かった奴隷ひとりとが匹敵するくらい、ワインの価値は高いものでした。おぞましい話ですが、時にはその奴隷が買い手側の蛮族の実子であることもあったようです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT