隣の乗客が犯人?謎解きツアーバスの本気度

ラストに海辺の絶壁で犯行動機が明かされる

バスツアーの内容は謎解きに限らない。むしろ今回の企画が特殊な例で、普段はテーマを絞り、タレントが同行して旅の魅力を伝えるという内容だ。

今回は企画段階で、同番組の企画プロデュースを手がける放送作家・小山薫堂氏が率いるクリエイターオフィス、N35インターナショナル株式会社が参加し、バスツアー型エンターテインメント作品を作り上げた。

刑事役と犯人役はプロの役者

刑事役の上原健太氏(編集部撮影)
海に向って嗚咽する犯人役の新原武氏(編集部撮影)

刑事役と犯人役は劇団扉座の役者が担当する。扉座は鉄道好きで知られる六角精児氏が旗揚げメンバーの1人でもある実力派で、紀伊國屋ホールや紀伊國屋サザンシアターをメインに、全国でオリジナル作品を上演している。

今回は刑事役に上原健太氏、犯人役は新原武氏がキャスティングされた。上原氏は入団18年、新原氏は入団13年の実力派だ。

今回の謎解きツアーは計4回行われた。次回の予定は未定とのこと。ネタバレを防ぐため、毎回、シナリオと役者は変えているという。たしかに「リピートしてみたら、前回の犯人がまた乗っていた」では困る。

ツアーバスの可能性を広げる企画としても興味深い。新たな目的地、新たなシナリオで、もう一度参加したい人も多いはず。地域の観光振興につながりそうな企画でもある。最後の場面にふさわしい崖をお持ちの自治体は、ぜひ謎解きツアーの舞台として立候補してみてはいかがだろうか。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。