隣の乗客が犯人?謎解きツアーバスの本気度

ラストに海辺の絶壁で犯行動機が明かされる

バスツアーでは「2時間ドラマのクライマックス」を目の当たりに(編集部撮影)

日帰りバスツアーも付加価値の時代だ。日帰り温泉入浴やグルメをメインに据えて、安くておトク感のあるツアーが多い中で、新たな趣向にチャレンジするツアーもある。クラブツーリズムとテレビ東京ダイレクトの共同企画「ツアー中に何かが起きる?劇場型謎解きツアーin 千葉」は、観光地巡りを中心に据えつつ、“2時間ドラマ”のようなサスペンス要素を盛り込んだ。

6月26日、東京・新宿に集合したツアー参加者を乗せて、8時にバスは出発。高速道路のサービスエリアでトイレ休憩ののち、最初の立ち寄り地は佐倉の武家屋敷、次は佐原の水郷の街並みを散策、昼食は日本庭園のあるレストランで6品のランチコース。銚子駅へ移動して、銚子電鉄に乗車体験。犬吠駅で下車した後、犬吠埼を散策して帰路へ。新宿駅前で19時解散といったスケジュールは一見、よくあるバスツアーと同じだ。

「刑事」がツアーに参加

11時間の旅で、ツアー代金は1人1万3500円。日帰りバスツアーとしてはちょっと高めだ。しかし、この価格付けにはちゃんと理由がある。このツアーは単なる観光地巡りではない。メインコンテンツは「謎解き」と「サスペンス」だ。犬吠埼で起きる事件を体験したら、お値段に納得。もう一度、参加したくなるという仕掛けだ。

では、ツアーの様子を紹介しよう。

観光バスの中に突然、「刑事」が乗り込み、事件の発生を告げる(編集部撮影)

バスが発車してすぐ、ツアーコンダクターが「実は、新宿で殺人事件が起きまして」と、ニュース映像が紹介される。物騒な世の中だ。犯人はまだ捕まっていない。もっとも私たちは新宿を離れるから安心。いや、戻ってくるときに犯人が捕まっていなかったら怖い。

そう思っていたところで、走行中のバスを制止する男が現れる。彼はバスに乗り込むと、おもむろに“警察手帳”を見せて、「私は刑事で、被害者がこのバスツアーに参加しており、メモに旅の様子と犯人の手がかりが残されている」と言う。そして“刑事”もツアーに参加し、ツアー参加者と謎を解いていく。

次ページどんな展開になるのか
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。