トヨタが超高級「スーパーカー」を投入する意味

「レーシングカンパニー」が目指すものとは

「それは『人を育てる』ためです。今ピットではたくさん、トヨタの人間がいますが、そうじゃなければああいうことはやらないで全部プロに任せた方がいい。レースのプロの方が安くて確実でしょ。でも、あえてそういう人間を入れて、技術を吸収させているんです」(友山氏)

TMG(トヨタ・モータースポーツGmbH)を主体とするTOYOTA GAZOO Racingのチームに合流しているのは、トヨタ自動車のスタッフだけではない。デンソーやアイシンといったサプライヤーの若いメンバーも、やはりチームに入って作業をしている。

「クルマはウチだけじゃつくれません。サプライヤーさんも一緒にやっていかなきゃいけない。そこで得られたいろいろなノウハウは必ず生かされていくでしょうし、鍛えられたエンジニアはどこでも十分活躍していけるでしょう。そういうエンジニアの育て方とかクルマづくりは、今までしていなかったんです。いや、過去にはやってたと思うんですけどね。成瀬さん(元トヨタ マスタードライバーの故・成瀬弘氏)がいた第7技術部(トヨタ自動車工業時代に有志で日本グランプリに出場するなどモータースポーツ活動を行った)とかね。でも、ここまで来る途中で全部なくなっちゃった」(同)

モータースポーツが収益に貢献しないといけない

WECからはGRスーパースポーツが具現化してきたし、市販車としてはスープラがすでにデビューしている。ほかにもGRとしては引き続き、モータースポーツ由来のプロダクトを投入していく予定となっている。

2020年から販売を開始する「GR Supra GT4」(写真:トヨタグローバルニュースルーム)

「持続的にモータースポーツをやるうえでは、モータースポーツが収益に貢献しないといけない。娯楽だけじゃなくてね。やはりWECで勝つことがGRスーパースポーツの技術的価値もマーケティング的な価値も高めていく。WRCで勝つことが、次のヤリスの価値も同様に高めていくんです。そうするとそれらが売れて、収益が上がって、またそれをモータースポーツに投入して、また技術的価値とマーケティング価値を上げていく。これこそウチが回したい“サイクル”なんです。TOYOTA GAZOO Racingというかたちができて3年。カンパニーができて2年です。石の上にも3年。これから結果が少しずつ出てくると思います。結果というのは具体的な商品であり、具体的な成果が出るということです」(同)

その成果には人が育つという意味も含まれるだろう。友山氏はカンパニー内で「あなたたちはほかのカンパニーから好かれる存在になったらおしまいだよ」と言っているという。

「はい、『つねに摩擦を生んでいかないとダメだよ』って(笑)。お客様のニーズや期待は無限に高まっていくもので、それを追いかけて、追いつくことはない。つねにギャップがある。レースをやっていれば、ほかのコンテンダーも勝とうとして技術を高めてくるから、じっとしていたら負ける。ウチもやらなきゃいけない。こうやって自動的にモータースポーツファンとかライバルというのはどんどん高いところにいくんで、それをリードしたりフォローしたりしていくと、トヨタという会社がやっていることとはギャップができるんですよ、必ず。そうすると『お前たちそんな勝手なことやるんじゃない』って摩擦が生まれると思うんですが、それは気持ちがいいことでしょう?(笑)」(同)

次ページいい意味でギャップが生まれる
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • はじまりの食卓
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。