快速電車より普通列車が速い?JR線「種別」の謎

車両はほぼ同じでも「電車」と「列車」の違いが

常磐線は、東京メトロ千代田線と直通する各駅停車、エメラルドグリーンのラインが入った快速電車、そして取手以北に直通する青いラインの中距離列車(普通・特別快速)が走っている。上野―取手間では中距離の普通列車と快速電車の停車駅が同じだ。

現在は、青いラインの中距離普通列車もこの区間では「快速」として案内している。だが、以前は「普通」として案内しており、そのうえ快速よりも停車駅が少なかった。各駅停車と普通と快速がある中で、いちばん速いのが普通だったのだ。

常磐線に快速電車が登場したのは、綾瀬―我孫子間が複々線化された1971年。それまで特急などを除く同線の通勤の足としては、上野―取手間を走る各駅停車の「電車」と、取手以北へ向かう中距離の普通「列車」が走っていたが、複々線化によって各駅停車はすべて地下鉄千代田線直通となり、上野には乗り入れなくなった。この際に上野―取手間で運転を開始したのが快速電車だ。

これによって同線には「普通」と「各駅停車」の両方が走り、さらに快速電車より普通列車のほうが速いという複雑な状態になった。のちに上野―取手間の快速電車と普通列車の停車駅は同じとなり、普通列車も同区間では「快速」と案内されるようになったため、利用者にはわかりやすくなった。

「電車」「列車」の境はあいまいに

快速より普通のほうが停まる駅が少なかったり、各駅停車と普通が別々だったりという複雑な種別の存在は、「電車」「列車」が役割を分担して運行してきた過去の経緯を考えると、その理由が見えてくる。だが、その形態は徐々に崩れ、あいまいになっている。

常磐線は、今でも「電車」と「列車」が区別されている。車両そのものは似たような4ドア車両だが、「列車」である青帯の車両はグリーン車が連結されている。快速電車と中距離列車は同じ線路を走るが、エメラルドグリーンの快速「電車」にはグリーン車はない。上野東京ラインと京浜東北線も同様だ。

オレンジ色の中央線快速電車(左)と黄色の各駅停車(写真:tarousite/PIXTA)

だが、電車と列車のあいまいさをさらに加速させる状況が近く到来する。中央線快速電車は2023年度末にグリーン車が連結される予定だ。中央線快速は、大月や河口湖まで運行される電車もあるものの、基本的には東京の通勤圏の電車である。

「京浜線」時代の京浜東北線にはグリーン車に相当する2等車が連結されていたため、前例がないとはいえないものの、近距離を前提とする「電車」にグリーン車が連結されるのは、ある意味画期的なことである。

グリーン車を連結した中央線快速電車が高尾以遠まで走るようになると「列車」という意味合いが強くなり、大月までの中距離利用を意識した運行になることも考えられる。「電車」と「列車」の垣根は、今後さらに薄れていくだろう。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 東京「夢見る女子」の生態
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。