叡山電鉄「ひえい」、奇抜デザインの裏に気配り

「楕円」がインパクト、落ち着いたインテリア

バリアフリーへの配慮としては、優先座席の色を黄色としてわかりやすくし、頭上の吊革は長めになっている。八瀬比叡山口駅側のドア付近に車いすやベビーカー用のスペースを設けた。

車体前面の鋼板を厚くしてスカートを新設し、車内ではスタンションポールを6カ所に増設するなど、安全性の向上も図っている。限られた予算で効果的にリニューアルを進めたという印象を抱いた。

「ひえい」は金色の楕円、722号車では朱色の車体と、いずれも派手になりそうな色を起用しながら、京都の電車らしい落ち着きも醸し出すことで、新しい「叡電らしさ」が徐々に形成されつつあると感じた。

中心部からのアクセスが課題

そんな叡山電鉄で気になるのは、ほかの鉄道との接続が起点の出町柳駅しかなく、接続する京阪電鉄は京都駅や繁華街の四条河原町・四条烏丸を通らないことである。バスは京都駅や四条河原町・四条烏丸に直行する便があるものの、渋滞による遅延があるうえに観光客で混雑することが多い。

地下鉄で京都駅に行くには2度の乗り換えが必要だし、JR奈良線の東福寺駅経由は遠回り感があって気が進まない。京阪七条駅から京都駅まで歩く人もいるらしいが、距離が1km以上あるので大きな荷物を持った旅行者にはつらい。いずれにしても叡山電鉄は、遠方からのアクセスは抜群とは言えない。

京阪バスが運行する京阪七条と京都駅を結ぶシャトルバス(筆者撮影)

そんな状況を察知したのか、京阪バスは4月1日から「京阪七条―京都ステーションループバス」の運行を始めた。乗車時間は片道約5分で、毎日15分間隔で運行している。

料金は片道230円だが、停留所がある京阪電鉄七条駅と京都駅脇のホテル、ザ・サウザンド・キョウトおよび京都センチュリーホテルで乗継割引券を手に入れれば100円で利用できる。

筆者はこの日、叡山電鉄を訪問した後、京都駅で打ち合わせがあったので、このシャトルバスを使った。七条駅での上下移動、京都駅周辺での水平移動はあるものの、出町柳駅からの直行バスより時間が読めるのはありがたかった。叡山電鉄の個性的な電車で比叡山を目指すなら、選択肢のひとつに入れておくといいだろう。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • コロナショックの大波紋
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
羽田空港クライシス<br>コロナ禍で国際線が大混迷

新型コロナウイルスによる旅客減は、世界のエアラインの経営に大打撃を与えています。そうした中で羽田空港の国際線大幅増便が3月29日にスタートします。日本の「空の玄関口」は大丈夫か。現状と課題を総点検しました。