阪急の観光列車、普通運賃だけで「驚きの内装」

大胆な戦略の裏には綿密な計算がある?

阪急に登場した観光列車「京とれいん雅洛」(撮影:梅谷秀司)

数え切れないほどの観光列車が全国各地を走っているが、コストパフォーマンスの点で、多くの乗客に驚きを与えるのは間違いなくこの列車だろう。阪急電鉄の「京とれいん雅洛(がらく)」である。3月23日から土・日・祝日に梅田―河原町間で運行開始した。

「驚き」の理由を先に明かしておくと、この列車に乗るために必要な料金は普通運賃のみだ。観光列車に乗る際、指定席券や特急券などの追加料金を必要とする鉄道会社は多い。たくさんの観光列車を走らせているJR九州でいうと、「SL人吉」は座席指定料金が、「指宿のたまて箱」や「A列車で行こう」は指定席特急料金が必要だ。豪華クルーズ列車「ななつ星 in 九州」に匹敵する内装が話題の「或る列車」は旅行商品扱いとなり、その金額は2万5000~3万7000円に及ぶ。

それに対して、この列車は普通運賃しか必要ない。梅田―河原町間なら400円のみ。予約も不要で、いきなり駅に行って乗れる。

外観は阪急伝統の色だが…

雅洛の外観は、「マルーン」と呼ばれる阪急の一般列車と同じ茶系の配色だ。扇子のイラストが描かれていたり、「雅洛」という文字が貼られていたりするのが、通常の列車との違いといえようか。

側面に扇子を描いた「雅洛」の外観(撮影:梅谷秀司)

ところが、一歩車内に足を踏み入れると、驚きの世界が待っている。6両それぞれに四季や植物をモチーフとして趣向を凝らした装飾が施されており、そのこだわりは、JR九州の観光列車レベル。追加料金を徴収しても不思議がないくらいだ。「乗ることそのものが忘れられないイベントになる」とは、JR九州の観光列車のキャッチフレーズだが、それは雅洛にもそのまま当てはまる。追加料金を取らない分、雅洛のほうが「忘れられないイベント」といえるかもしれない。

次ページ車内に枯山水の庭が
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。