大砲のない「海賊船」は水戸岡デザインの真髄だ

船の「ななつ星」は、平和を祈るシンボルだ

4月25日に就航した箱根観光船の新型海賊船「クイーン芦ノ湖」(撮影:尾形文繁)

鉄道からバス・船舶へ――。JR九州の豪華寝台列車「ななつ星 in 九州」から東急電鉄の「ザ・ロイヤル・エクスプレス」まで、鉄道の既成概念を打ち破るデザイン列車を次々と発表し、多くの鉄道ファンをとりこにした水戸岡鋭治氏は、活躍の場を鉄道以外にも広げている。

今年1月に運行開始したクラブツーリズムの豪華観光バスのデザインを担当し、さらに船舶の分野にも進出した。4月25日から箱根・芦ノ湖で運航開始した「クイーン芦ノ湖」のデザインも水戸岡氏の手によるものだ。同船の試乗会が4月23日に行われた。

「女王陛下が乗る船」

クイーン芦ノ湖を建造したのは小田急電鉄の子会社・箱根観光船。同社は「海賊船」と呼ばれる3隻の観光船「ロワイヤルⅡ」(2013年就航)、「ビクトリー」(2007年就航)、「バーサ」(1991年就航)を芦ノ湖で運航してきた。いずれも17~18世紀にイギリス、フランス、スウェーデンで活躍した戦艦をモデルとしており、当時の雰囲気を再現する内装を施している。

2013年就航の「ロワイヤルⅡ」(右)と並んだ「クイーン芦ノ湖」(撮影:尾形文繁)

クイーン芦ノ湖は老朽化した「バーサ」を置き換える形で導入された。新たな海賊船のコンセプトは「女王陛下が乗る船」。箱根観光船の岡本裕之社長は「上品で上質な居住空間を提供したい」と説明していた。

小田急は箱根エリアに総額100億円の大規模投資を行っている。今回の海賊船の新造はその目玉だ。「新たな海賊船が、箱根にお越しいただくきっかけとなれば」と、岡本社長は期待する。そのためには話題づくりは不可欠だった。

水戸岡氏の起用については「幅広いデザイナーに当たったのではなく、最初から水戸岡さんにアプローチした」。ななつ星のデザインの力強さに衝撃を受け、「この人しかいない」と感じたという。

次ページ「インスタ映え」する見せ場が多数
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。