就職人気ランキング ベスト300社《10年入社就活前半版》--景気悪化で上位企業に波乱!?


・ランキングの解説はこちら

■261~300位

2010年卒業生対象 就職活動前半【就職ブランドランキング調査】
調査主体 文化放送キャリアパートナーズ就職情報研究所
調査対象 2010年春卒業予定の「ブンナビ! 」会員(現大学3年生、現大学院1年生)
調査方法 文化放送キャリアパートナーズ運営の就職サイト「ブンナビ! 」会員対象のWebおよび郵送アンケート、文化放送キャリアパートナーズ主催の就職イベント会場での紙アンケート *投票者1名が最大5票を有し、志望企業を1位から5位まで選択する形式
調査期間 2008年6月1日~12月14日
回答数 27,954(うち男子11,878、女子16,076/文系23,068、理系4,886)
総得票数 12万8478票
■「就職」を重視する学生は「企業イメージ(企業価値)」よりも「仕事イメージ(仕事価値)」に重点を置くとの仮説の下で、ランキングを算出。
■就職者誘引度は、学生が企業イメージと仕事イメージのどちらを企業選択時に重視したかという回答によって算出。企業イメージのみで投票した場合は就職者誘引度0、仕事イメージのみで投票した場合は100とし、得票平均値を就職誘引度としている。
■総得票数×就職者誘引度=就職ブランド力とし、就職ブランド力を基にランキングを計算。

【回答数】
文系 (男)8,726(女)14,342(総計)23,068
理系 (男)3,152(女)1,734(総計)4,886
総計 (男)11,878(女)16,076(総計)27,954
男女比ポイント (男)1.3534265(女)1
(注)男女比を1:1にするため、男子総得票に1.3534265を掛けたポイント制

【業界名称】:【対象業界区分】
金融:金融
マスコミ:マスコミ
電気機器:総合電気 重電・産業用電気機器 コンピュータ・通信機器 家電・AV機器
食品:食品
化学・医薬・化粧品:化学 医薬品 化粧品
IT・ソフトウェア:インターネット関連 ソフトウェア 情報処理
商社・卸売:商社・卸売
ゲーム:ゲーム機器・ゲームソフト

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。