改めて問われる上場メリット--LEOCよ、お前もか。上場廃止が相次ぐ給食業界

流れを主導する大手外資「信用力に問題なし」

「当社のような(給食)業種はそれほど設備資金などの資本を必要としない。今やマーケットは飽和状態だし、M&Aの可能性など、上場していることのタガも大きい。知名度に影響は若干あるが、われわれは一般消費者を相手にしているわけではなく、信用力という点では三井物産とアラマークでまったく問題はない。この3年間に総合職を毎年新卒で50~60名採用しているが、何のハンデも感じていない」

実はこの合弁相手のアラマークこそ、その上場問題では米国での偉大なる先例企業なのである。

同社は84年ニューヨーク証券取引所でいったん上場廃止した後、01年に再上場、そして07年初、再びMBOで非上場とした経緯がある。ニューバウワーCEOは「わが社の業績と株式市場の評価にギャップがあった」ことを上場廃止の主因に挙げている。アラマークは「オリンピック選手村への給食ではメキシコ大会以来、今回の北京まで独占している」(石田社長)など実績があり、業界での国際的信用度は非常に高い。

石田社長は「今後の給食業界は寡占化、淘汰の方向にある。メフォスを買収したのも、同社が医療給食に強く、産業給食に強い当社と補完関係にあるため。再上場は若干念頭にある」と勝ち残りに自信を示す。同社は最近、オフィスコーヒー5位のやまとの買収も行っている。

もう一つ上場廃止の先例として挙げる必要があるのは、西洋フード・コンパスグループである。同社はもともと西武セゾングループの一員で、上場も61年と古かった。が、01年末に英国の大手給食会社のコンパスグループが資本参加、翌02年同社が完全子会社化するとともに、東証上場を廃止した。現在はコンパスグループが95%を出資、過去に食堂運営合弁を設立した経緯から、残る5%を伊藤忠商事が保有する。

同社は07年にレストラン事業の大半を分社化し、本業の給食事業に集中した。アジアでは中国・上海にも進出し、アジア・オセアニア地区の事業を強化中である。

結局、世界的な大手給食企業3社はいずれも日本に進出したが、LEOCのMBOでフランスのソデクソは実質足場を失い、残る2社は非上場の合弁事業を継続する形となる。

このほか独立系のグリーンハウスも06年にジャスダックを上場廃止している。同社も中国・北京に昨年現地企業と合弁会社を設立、日系企業向けに給食事業を開始した。上場給食企業は今や日清医療食品、シダックス(いずれも01年上場)の2社を残すだけとなる。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT