客単価全国1位!ある地方コンビニの仕掛け

福井で熱烈支持「オレボステーション」の凄み

鉄板で調理中のスパゲティのいい匂いが店内に広がり、食欲を刺激する!(写真:週刊女性PRIME)

セブン-イレブンなどの大手コンビニがシェアを独占する中、独自の進化を遂げ地元で熱烈に支持されるコンビニが福井にあった!

福井市を中心に店舗を構える『オレボステーション』は、できたてのお弁当、お惣菜が買えて広々としたイートインスペースでも食べられ、食堂まで併設されている異色のコンビニだ。

“オレボ”が愛される理由は

経営するのはオレボステーションのほか、福井市を中心に系列店舗を10店舗展開する『大津屋』。歴史は古く、1573年に創業した当初は酒造や酒販業を営んでいたそう。

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

現社長の小川明彦氏が実家である大津屋に入社して、「酒だけではなく、もっと福井の人たちが喜ぶサービスを提供したい」と福井初のコンビニ『オレンジBOXおおつや』を設立したのが1981年。

1987年には時代に先駆け販売管理ができるPOSシステムなどを導入し、24時間営業にした。

広々としたイートインスペース。昼どきには多くのお客で満席になっていた(写真:週刊女性PRIME)

広報の石倉望央さんが言う。

「当時のコンビニ弁当やおにぎりは、工場で大量生産されたものが当たり前でした。でも、お客様は熱々のおにぎりを目の前で握ってもらったほうがうれしいはず。オレボでは製造過程で保存料などを使用していないから、身体にもやさしい。そこで、おにぎりやお惣菜などを店内で製造する『オレボキッチン』をスタートしました」

2004年にはさらにサービスを強化させ、コンビニと店内調理、イートインスペース、食堂などを融合させた『オレボステーション』を開店。徹底した消費者目線と地域に根ざした経営で、なんと大手を上回りコンビニで全国1位の客単価も実現させた。

まずは、ごはんかパスタを150グラム以上専用の容器に入れ、惣菜を上限400グラムまでチョイス。どれもおいしそうで迷う(写真:週刊女性PRIME)

「特にご好評をいただいているのが、ランチ・ディナーバイキングです。ランチバイキングは、お惣菜の種類に限らず1グラム1・08円+税、ディナーバイキングは1グラム1・29円+税の量り売りで、オリジナルのお弁当を楽しんでいただけます」(石倉さん、以下同)

次ページリピーター続出も納得の内容
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。