任天堂とLINE、ゲームアプリを共同開発へ

今夏「ドクターマリオ ワールド」配信目指す

 2月1日、任天堂とLINEは、スマートフォン向けゲームアプリ事業に関して協業することで合意したと発表した。写真はLINEのロゴ。都内で2017年1月撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 1日 ロイター] - 任天堂<7974.T>とLINE<3938.T>は1日、スマートフォン向けゲームアプリ事業に関して協業することで合意したと発表した。共同でゲームアプリ「ドクターマリオ ワールド」を開発、運営する。

日本や米国などグローバル市場に向けて、2019年初夏の配信を目指す。

 

(志田義寧)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。