アメリカが沸く「平均年齢20歳バンド」の凄み

ロック界期待の星、グレタ・ヴァン・フリート

双子の兄弟とその弟、そして友人の4人編成のグレタ・ヴァン・フリートは、まもなく日本でも公演を行う(写真:AP/アフロ)

「レッド・ツェッペリンの再来」「彼らこそロックの未来だ」――。平均年齢弱冠20歳のハードロックバンド「Greta Van Fleet(グレタ・ヴァン・フリート)」にアメリカの音楽業界が沸いている。

アメリカ・ミシガン州出身の双子の兄弟、ジョシュ・キスカとジェイク・キスカ(22歳)とその弟、サム・キスカ(19歳)、そして友人のダニー・ワグナー(20歳)という4人組のバンドがデビューしたのは2012年。2017年に全米ツアーを始めると人気に火がつき、ローリング・ストーン誌が選ぶ「知っておくべき新人アーティスト」に選ばれたほか、楽曲も立て続きにビルボードのメインストリーム・ロックチャートの1位に。昨年10月にフルアルバム「アンセム・オブ・ザ・ピースフル・アーミー」を発売すると、すぐさまビルボードの3位にランクインした。

その勢いはとどまるところを知らず、12月にアメリカの経済誌フォーブスの「2019年30歳以下の30組(音楽)」に選ばれ、その直後の第61回グラミー賞では最優秀新人賞を含む4部門にノミネートされている。

下火になったロックに久々の朗報

エルトン・ジョンはグレタ・ヴァン・フリートを「この20年聴いた中で、最高のロックミュージック」と呼び、ガンズ・アンド・ローゼズのギタリスト、スラッシュは、「ロックの未来はグレタ・ヴァン・フリートのようなバンドにかかっている」と絶賛する。

往年のロックミュージシャンが興奮するのも仕方ない。アメリカの音楽業界ではロックが「下火」になったと言われてから久しく、アメリカの調査会社ニールセン・ミュージックによると、2017年のトップ10アルバム(ダウンロード数含む)のうち、7つはR&Bとヒップホップで、音楽売り上げのトップジャンル(全体の24・5%)となった(ロックは全体の20・8%で2位)。

そんなロック界にとって、グレタ・ヴァン・フリートは、「クラシック・ロックの復活」を担う存在になるかもしれないのだ。往年のロックファンだけでなく、新たなロックファンを開拓することによって。実際、アメリカの公共ラジオ局NPRのネット版が昨年10月に掲載した「グレタ・ヴァン・フリートは、ツェッペリン好きのおやじだけにウケているわけじゃない」と題した記事では、ギターのジェイクが「ロックの全盛期を知らない若い世代も、『これは自分たち向けのロックだ』と感じている」と話している。

米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)紙も、グレタ・ヴァン・フリートは、「ライブによく訪れるクラシック・ロック好きのおやじ、1960年~1970年代の音楽に興味がある若い男性、人気ロックバンドをポップスターに押し上げる力を持つ若い女性」という3つの層にアピールできるという著名ラジオDJの話を紹介している。

次ページツェッペリンボーカルも認めた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。