日本の駅弁は美食の国フランスで通用したか

「いなり」など7種類、現地で調理…成果は?

駅弁業者の調理担当者がパリ市内の厨房で製造し「日本の味」をPRした今回の販売。だが、普段は日本国内のみで製造販売している駅弁業者に誘いをかけ、パリへの出店を促すのはやはりさまざまな困難があったようだ。

紆余曲折の末「パリへの出店」という非常に高いハードルを越えて参加したのは、日本ばし大増(東京都荒川区)、大船軒(神奈川県鎌倉市)、花善(秋田県大館市)、斎藤松月堂(岩手県一関市)、淡路屋(神戸市)の5社だ。

商品は朝から夕方まで供給しなければならないため、自社の商品だけを作り続けるわけにはいかない。各社の担当者は他社の駅弁調理にも携わることとなった。NREの喜嶋治朗・国際業務課担当部長は「各社さんのオリジナリティーある駅弁を出すことができたのは、シェフの皆さんの共同作業のおかげ」と話す。会期中に売れた数は1日平均にすると250個あまり。週末には売り切れも予想されたので、生産を増やした日もあった。

一方で、日本ではありえないアクシデントにも見舞われた。売り場が置かれた駅のコンコースに長時間にわたって乗客が入ってこない日があったのだ。「信号故障でショップがあったコンコースに列車が入れない」「ストで列車が運休」、そしてマクロン政権による燃料税引き上げに反対する人々による「デモでパリ全体の交通がマヒ」――。いずれも想定外のトラブルだったに違いない。

海外展開の可能性は?

今回のリヨン駅でのポップアップショップは期間限定で、イベントの一環として実施されたものだが、NREや今回のパリ出店に参加した業者は、駅弁の海外展開の可能性もにらんでいる。海外での「日本紹介イベント」は実験的な打ち上げ花火で終わってしまうことも多いが、今回の出店についてNREは「市場調査的な意味合いも強い」とその意義を強調する。

パリ・リヨン駅の店頭に並んだ駅弁(写真:日本レストランエンタプライズ)

フランスでは列車に乗るのに早めに駅に到着する人が多いといい、それもあってパリでの販売ではスピードや効率よりも顧客との会話を重要視したという。「心のこもった温かさで日本らしさを表現」するとともに、店員が購入客に「どこでこれを食べるのか?」と尋ねることもできるため、意見の収集になるためだ。

販売時に行ったアンケートによると、買った駅弁を食べる場所は大半が「TGVの中」。一方で、家や会社で食べるという需要も4割程度あったという。

次ページ意外に売れた「のせ弁」と和風甘味
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT