ランクルとレクサスLXは何がどう違うのか

骨格は同じながら価格差460万円超の意味

レクサスLXとランドクルーザーの構図とはやや異なるが、高級なクロカン四駆を選ぶ消費動向は、レクサスLXだけに限らない。

たとえば英国のランドローバーの「ディフェンダー」や「ディスカバリー」と、「レンジローバー」の関係は、悪路走破に軸を置くランドクルーザーと、より豪華で快適性も求めるレクサスLXの品ぞろえの仕方に似ている。ドイツのメルセデス・ベンツの「Gクラス」には、AMG仕様がある。こちらは、標準的なクロカン四駆に、超高性能な高速走行性能が与えられたAMGという選択肢だ。

レクサスは世界のプレミアム市場を牽引

今日のSUV人気のきっかけは、レンジローバーがアメリカ・カリフォルニア州の高級住宅街であるビバリーヒルズで愛用されることに始まったようである。そこに投入されたのが、乗用車を基にクロカン四駆風の車体を載せたトヨタ・ハリアー(海外ではレクサス「RX」)であり、それが人気を呼んだ。

レクサスは今日、グローバルで60万台を販売する規模に至ったという。それは、スウェーデンのボルボと同様の販売台数だ。また世界的なプレミアムブランドとされる、ジャーマン3(メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ)は、自社ブランドのみに限定すれば年間販売台数が200万台前後で、世界一の販売台数を競うトヨタ、フォルクスワーゲン、日産ルノー三菱連合の1000万台級と比べれば5分の1程度の規模である。

比較的小規模な自動車メーカーが、世界のプレミアム市場を牽引している。そのなかで、さらに高級なクロカン四駆という選択肢は限定的であり、今後ともランドクルーザーへの絶大な信頼とともに、海外のプレミアムブランド同様に丹念にクルマづくりのできるレクサスにおけるLXへの期待も、富裕層を中心にまだ高まっていくのではないだろうか。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT