寄り付きの日経平均は大幅続落、2万円割れ

1万9500円も下回り、2017年9月以来の安値

 12月25日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比380円76銭安の1万9785円43銭となり、大幅続落した。写真は都内の株価ボード前で9月に撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 25日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比380円76銭安の1万9785円43銭となり、大幅続落した。国内連休中の米国株の急落を嫌気し、リスク回避目的の売りが先行。2万円の大台を割れた後、下げ幅を700円超に拡大し、さらに1万9500円を下回った。2017年9月以来の安値水準で推移している。

TOPIXは2016年11月以来、2年1カ月ぶり安値水準。東証33業種全てが値下がりする全面安商状となっている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT