寄り付きの日経平均は大幅続落、2万円割れ

1万9500円も下回り、2017年9月以来の安値

 12月25日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比380円76銭安の1万9785円43銭となり、大幅続落した。写真は都内の株価ボード前で9月に撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 25日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比380円76銭安の1万9785円43銭となり、大幅続落した。国内連休中の米国株の急落を嫌気し、リスク回避目的の売りが先行。2万円の大台を割れた後、下げ幅を700円超に拡大し、さらに1万9500円を下回った。2017年9月以来の安値水準で推移している。

TOPIXは2016年11月以来、2年1カ月ぶり安値水準。東証33業種全てが値下がりする全面安商状となっている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。