京都市民が「長男の京大進学」を喜ばない事情

京大への進学は「合法的な家出のコース」だ

井上:貴族は続いてるんだと思うのだけど、商店が続いているというのは……。

鹿島:そんなにないですね。ブルジョワの目的は、家を永続することではなく、貴族に成り上がることですから。

井上:京都では、創業寛永何年とか創業元禄何年とか、店の看板に結構書いてあります。最近も、八ツ橋を営んでいる店同士のさや当てがありました。「お前のところがうたっている創業年代には、虚偽がある。いかにも古そうな言い方は、改めろ」って。訴訟沙汰にもなりました。とにかく、歴史の由緒を誇りたがる。そういうプライドの持ちようは、パリの商人にはないんですか。

鹿島:老舗というのは、むしろ直系家族のいる地方に多い。南仏やドイツ国境には、直系家族の同族企業がかなりあります。

京大生に「京都市民」が少ないのはなぜ?

井上:実を言うと、京都大学の学生に、あんまり京都市民はいないんですよ。多分1割もいないと思います。ましてや、創業寛永何年とかいうようなお家のボンは、数えるほどしかいない。でも、皆無じゃあありません。いくらかはいるんですよ。それがね、みんなおしなべて言うんです。「京大、入れてよかった。これで親父は、俺のことをあきらめてくれる」って。

『京都、パリ ―この美しくもイケズな街』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

つまり、入れなかったら跡継ぎにさせられるんですよ。ところが、京都大学の、たとえば大学院まで行くと、これが「合法的な家出のコース」になるんです。

鹿島:なるほどね。私の生まれた横浜にも、家の近くに関東学院大学という古い一貫校の私立大学があって、昔は、商店の親父が子どもを小学校からここに入れてました。進学校に行って、中央で働くなんて言われたら困るので。商売継がせるために、小学校からエスカレーター式でこの大学に行かせたんです。

井上:京都では、それが同志社なんです。僕は学生時代に、町屋の建築調査をしました。そのときに、ある旦那から言われたんですよ。「君、京大の子やな」と。「われわれのところでは、子どもが京大に入ったら、近所から同情されるんや。『もうあそこ、跡継いでくれへんわ』と。賢いことが悪いわけやない。だけど、同志社くらいが頃合いなんや」と。「同志社に行けば、長く続いたブルジョワ同士のコミュニケーションがそこで培われるし、将来この街を背負っていく旦那にもなれる。京大なんか行ったらあかん」というふうに。

鹿島:なるほど。慶應大学も、昔はそうでしたね。

井上:そういうお家のボンで、京大を出た人から聞かされたことがあります。「弟が因果を含められ、跡を継いでる。正月に帰ると、弟にいろいろ愚痴られる。『兄ちゃんはええな、好きなことして』と」。創業数百年の名家になるとね、しきたり、親戚の陰口、もう大変なんですって。「もう嫌や」と。そういう街中の人の前にね、私みたいな洛外の嵯峨で育っているという田舎の子が来ると、「君はいいなあ。自由で、好きなことができて」というふうに、まず思うんでしょう。

「400年続いたこの家で、われわれがどんなしんどい思いをしているか、君にわかるか?」というのが裏面にあって、洛外者に対する、いけず口になるんじゃないかなと思いますね。パリでは、これはありえへんわけでしょうかね。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT