アマゾンエコーでアップルの音楽利用可能に

12月17日からサービス開始の予定

 11月30日、アマゾン・ドット・コムは12月17日から同社のスマートスピーカー「Echo(エコー)」で「アップルミュージック」が利用可能になると発表した。ニューヨークで昨年5月撮影(2018年 ロイター/SHANNON STAPLETON)

[30日 ロイター] - アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は30日、12月17日から同社のスマートスピーカー「Echo(エコー)」で「アップルミュージック」が利用可能になると発表した。

アマゾンのブログによると、エコーを保有するアップルミュージック利用者はアップル<AAPL.O>が配信する5000万曲を聴くことができるという。

アマゾンは今月、ホリデーショッピングに向けアップル製品の取り扱いを世界的に拡大すると発表していた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。