渡米16年、34歳の彼女がNYで踊り続ける理由

日本を離れてみたからこそ好きになった

また、卒業から帰国までの半年間を利用して、ネイルスクールに通ったのも、「ネイリストの資格があれば、ブライダル業を営んでいる母親の事業を手伝えるだろう」という軽い気持ちだった。

友人の言葉がきっかけでチャレンジを決意

タカエさんの運命を変えたのが、ネイルスクールで出会った友人だ。3歳からバレエを習い、大学でもダンスクラスに参加していたタカエさんを見て、「タカエは、本当はやりたいことがあるんじゃないの? ニューヨークに残って、チャレンジするべきだよ」と説得されたという。

実は、タカエさんは「舞台に立ちたい」という誰にも言えない夢を抱えていた。ちょうど、映画界にいる知人に「演劇をしたいなら、演劇の学校に通ってテクニックを身に付けたほうがいい」と聞いたこともあり、迷った末に進路を変更。帰国を取りやめ、ニューヨークに残ることを決意した。

アルパチーノも通ったという演劇学校に入学を申請したタカエさんは、1度は「あなたの英語力では、演技などできない」と入学を断られたというが、そこであきらめず、熱意を伝え、なんとか入学を許可された。

演劇学校に入学したタカエさんを待っていたのは、やはり言葉の壁。発音のクラスでは1つの音を永遠に練習させられた。

「Acting is all about talking.=演じることは話すことそのもの」

演技の世界では、アメリカ人ですら、地方特有の訛りを矯正するために、徹底的に発音練習をするという。18歳まで日本で育ったタカエさんが、苦労するのは当然だ。さらに、文化・習慣の違いもストレスとなった。グループワークでは、自由気ままなクラスメートに振り回されるなど、苦労しながらも、「日本人特有のまじめさが、評価された」という。英語はもちろん、演劇やダンスに必死に取り組んだタカエさんは、通常より半年早く1年半で演劇学校を卒業する。

卒業後、オーディションを受け続け、「次に落ちたら帰国しよう」と決めて受けたダンスカンパニーのオーディションに合格した。ニューヨークであこがれのダンサーとしての活動がスタートした瞬間だった。

次ページ次のスポンサーが決まらず1度は帰国を決意
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。