「ポケモンGO」まだまだ熱中している人の実情

2年超ずっと続けてきたからこそ言える本音

ただ、ポケモンGOをほとんどプレイしてない人からすると、ポケモンGOは「スマホゲーム」の1つであり、ゲームなんだから一定期間はまっても、普通はクリアしたり、飽きたりしたら次のゲームに移るもの、というのが常識でしょう。

しかも、言葉を選ばずに言うと、いわゆる狭い意味でのポケモンGOのゲーム性は高くありません。

ちょっとだけポケモンGOをプレイした人からすると、ボール投げてポケモンをつかまえるだけの大して面白くもないゲームに、なんでそんなに長いことはまっていられるのかわからないと思っている人も多いでしょう。

そういう人からすると

「なんで(スマホゲームの1つでしかない)ポケモンGOをまだやってるの?」

とか

「なんで(大して面白くもないゲームだった)ポケモンGOをまだやってるの?」

という質問が出てしまう気持ちもわからなくはありません。

ポケモンGOを続けている理由とは?

ただ、そういう方が間違っているのは、ポケモンGOを通常のゲームと同じものとして取り扱っている点にあります。

あくまで個人的意見と断りますが、私がいまだにポケモンGOを続けている理由は、下記の3点にあります。

■歩くのが、ちょっぴり楽しくなる

■遠くに行くのが、ちょっぴり楽しくなる

■ヒマな時間が、ちょっぴり楽しくなる

順番にご説明しましょう。

■歩くのが、ちょっぴり楽しくなる

個人的にいちばん大きいのがこれです。

ポケモンGOでは、一定の距離を歩くと卵からポケモンが生まれるという要素があります。卵の種類によって、2km、5km、7km、10kmとあるんですが。

やっぱり卵が割れると嬉しいんですよね。

要は歩数計です。

通常の歩数計とか歩数カウントアプリとかだと、歩数や歩いた距離は測定してくれるものの、特にメリットはないですよね。

それがポケモンGOでは、ポケモンがゲットできます。

次ページちょっぴり楽しくなる、というのがポイント
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。