食べかた上手だった日本人 魚柄仁之助著

食べかた上手だった日本人 魚柄仁之助著

1日に、ごはんが茶碗に2杯、サツマイモが2本、ジャガイモ3個、卵は10日に1個……。食料自給率40%の日本で国産のみの生活をすると、こうなると農林水産省は「完全自給食」を示す。では冷蔵庫がなく、国内でとれる食料で80%以上の自給率を保っていた1935(昭和10)年ごろの食生活はどんなものだったのか。

「昔の料理本を山のように集めた」食文化研究家の著者による本書によれば、「豚肉詰め筍(たけのこ)」「牛のスチゥ」「鰈(かれい)のムニエル」から「秋刀魚(さんま)の牛乳焼き」などバラエティに富むメニューが結構並ぶ。もちろん動物性タンパク質と油脂の摂取量はずっと少ない。ただし、こういう食べ方もあるという体験と知識は貴重だ。「この時代の食べ方を現代にとりいれれば、家畜飼料は大幅に減らせ、体重も減らせるかもしれない。食費はまちがいなく減らせる」。

加工度の低い素材を活かした、安上がりで安全な食生活が仮想体験できる。

岩波書店 1890円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。