食べかた上手だった日本人 魚柄仁之助著

食べかた上手だった日本人 魚柄仁之助著

1日に、ごはんが茶碗に2杯、サツマイモが2本、ジャガイモ3個、卵は10日に1個……。食料自給率40%の日本で国産のみの生活をすると、こうなると農林水産省は「完全自給食」を示す。では冷蔵庫がなく、国内でとれる食料で80%以上の自給率を保っていた1935(昭和10)年ごろの食生活はどんなものだったのか。

「昔の料理本を山のように集めた」食文化研究家の著者による本書によれば、「豚肉詰め筍(たけのこ)」「牛のスチゥ」「鰈(かれい)のムニエル」から「秋刀魚(さんま)の牛乳焼き」などバラエティに富むメニューが結構並ぶ。もちろん動物性タンパク質と油脂の摂取量はずっと少ない。ただし、こういう食べ方もあるという体験と知識は貴重だ。「この時代の食べ方を現代にとりいれれば、家畜飼料は大幅に減らせ、体重も減らせるかもしれない。食費はまちがいなく減らせる」。

加工度の低い素材を活かした、安上がりで安全な食生活が仮想体験できる。

岩波書店 1890円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。