iPadProは、もはやタブレット端末ではない

市場の92%のノートパソコンより高性能

なお、Retinaディスプレー非搭載モデルのMacBook Airは999ドル(日本では9万8800円)で残され、10万円を切る価格で教育市場のニーズに応えることになる。

2018年第3四半期、Macの販売台数は400万台を割り込み、低迷が伝えられてきた。販売の核となるMacBook Air、また4コア以上のデスクトップクラスのプロセッサを備えパフォーマンス重視となったMac miniの登場は、Macのセールスへの刺激を与えることになる。

iPad Proは、より刺激的な「iPad市場」を作り出す

今回の発表の目玉となっていたのがタブレットの上位モデルiPad Proの刷新だった。ティム・クックCEOはiPadについて、4億台を出荷したことを報告し、タブレットの中で最も販売台数が多いだけでなく、「ノート型コンピュータ」のあらゆるメーカーよりも多く売れていることをアピールした。

その理由として、市場の92%のノートパソコンより高性能である点を指摘した。既存のカテゴリやそのトレンドに沿わないことをアピールしており、タブレット市場でもノートパソコン市場でもなく、「iPad市場」というカテゴリへの独立宣言にも映る。

左からiPad Pro 12.9インチ、iPad Pro 11インチ(筆者撮影)

2015年に登場して以来のフルモデルチェンジとなり、iPhone XRと同じ液晶ディスプレーながら縁まで画面を敷き詰めたオールスクリーンデザインのLiquid Retinaディスプレーと、Face IDに対応するTrueDepthカメラを搭載し、ホームボタンは廃止された。薄さ5.9ミリは、これまでのiPadで最も薄い。

これに伴い、10.5インチは同様のサイズでより大きな11インチディスプレーを備え、12.9インチは同じディスプレーサイズでより小さなボディを実現した。11インチと12.9インチのサイズが接近したことは、どちらを選択するか、多くの人が悩むことになるだろう。

刷新されたApple PencilにはLightningポートがなく、磁石で本体にくっつけてペアリング・充電する(筆者撮影)

iPad Proには性能をより強化したA12X Bionicプロセッサが採用される。iPhone XSと同様の7nmプロセスを採用し、プロセッサ8コア、グラフィックス7コアと、大幅に拡大させた。特にグラフィックスは2倍の性能を備える。

iPad Proと組み合わせて利用するApple Pencilも刷新され、本体側面に磁石でくっつくようになり、同時にペアリングや充電を行うことができるようになった。この点は、使い勝手が飛躍的に高まった点といえる。

次ページサウンドへのこだわりと100%再利用アルミニウム
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。