寿司屋のカラクリ 大久保一彦著

寿司屋のカラクリ 大久保一彦著

寿司は季節を感じることができる。旬も、はしり、盛り、名残で使い分ける。高級店となれば常連客に重きを置き、養殖を使わず天然ものの時価。イケスをもたない。ネタの味を尊び、熟成しょうゆは刷毛塗り。ガリは自家製、選ばれた赤酢で、シャリは古米がいいという。職人芸を味わうというより外食、「うち食」として楽しむ客が増え、寿司屋は従来の「立ち」に加え、回転、持ち帰り、宅配とバラエティ化。回転寿司では冷凍の切りネタ、寿司ロボットは欠かせず、それでも廃棄ロスは3~10%、原価率が大方50%だから結構きついという。

高級店から回転寿司まで、収録各店の志のこもった戦略・工夫をカラクリととらえた寿司にまつわる薀蓄集。

ちくま新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。