JR西「恐怖の研修」は変わらぬ体質の象徴だ

あの「福知山線脱線事故」から何を学んだのか

JR西日本は福知山線脱線事故後、本当に安全優先の企業へと変わったのだろうか(写真:patwallace05/iStock)  
運転士を含む107人が死亡、562人が重軽傷を負ったJR史上で最悪、戦後の鉄道事故でも死者数で4番目の巨大事故となった2005年4月25日の福知山線脱線事故。
このほど「Yahoo!ニュース 本屋大賞ノンフィクション本大賞」と「城山三郎賞」の最終選考にノミネートされた『軌道 福知山線脱線事故 JR西日本を変えた闘い』著者の松本創氏が、JR西日本の安全性向上へ向けたさらなる課題について掘り下げる。
前編はこちら:「『計画運休』定着と福知山線脱線事故現場の今

根深く残る組織の文化

「JR西日本は本当に安全最優先の企業になったのでしょうか」

今年4月に『軌道 福知山線脱線事故 JR西日本を変えた闘い』(以下、『軌道』)という本を刊行してから、さまざまなところで聞かれる。2005年の福知山線脱線事故で妻と妹を失い、娘が重傷を負わされた遺族の淺野弥三一氏が、JR西の組織風土と安全思想の変革を求めて闘った10余年の歩みを描いたノンフィクションである。同社のミスやトラブルが報じられると、「JR西はまったく反省してませんね。あの事故から何を学んだのでしょう」と憤る声が寄せられる。

『軌道 福知山線脱線事故 JR西日本を変えた闘い』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

この問いに歯切れよく答えるのは難しい。「企業理念や安全思想は、事故に学び、確実に変わろうしている。けれども国鉄から続く3万人もの企業が、現場の末端に至るまで、長年染み付いてきた仕事のやり方や発想を変えるのは、そう簡単ではないでしょう」と返すのがせいぜいだ。

同社は福知山線事故後に「安全確保こそ最大の使命」とする安全憲章や企業理念を定め、事故の教訓を伝える研修を全社員に繰り返し受けさせている。安全投資を増やし、リスクアセスメントへの取り組みを強化し、ヒューマンエラー非懲戒などの新制度も打ち出した。「懲罰的な精神論で、運転士に強いストレスを与えている」と批判された日勤教育(ミスをした乗務員への再教育)を見直し、技術重視の実践的な内容に改めた。

次ページトンネル内で新幹線の風圧を体感させる研修
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。