テスラ、約500万円のセダン「モデル3」を投入

ウェブサイトを通じて販売

 10月18日、米電気自動車(EV)大手テスラは、量産型セダン「モデル3」の新型車を導入した。写真はモデル3。カリフォルニア州で2016年3月撮影(2018年 ロイター/Joe White)

[18日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラ<TSLA.O>は18日、量産型セダン「モデル3」の新型車を導入した。中価格帯の4万5000ドル(約500万円)で、ウェブサイトを通じて販売される。

ウェブサイトによると、新型車の航続距離は260マイル。長距離バッテリー搭載の高価格帯モデルと比べると50マイル短い。

新型車の納期は6─10週間。年内に納入されれば米国の顧客は7500ドルの税額控除が受けられる。来年1月1日からは、テスラ車に適用される税額控除額が半減される。

テスラはモデル3について、価格が3万5000ドルのベースモデルの発売を約束しているが、これまで約4万9000ドルからの高額モデルしか発売していない。年内はベースモデルの生産の予定はないとしている。

今回の中価格帯モデルの発売は、ベースモデルを待っている買い手を引き付ける戦略的方法のようだ。モデル3には40万件以上の予約が入っているが、ベースモデルの割合は不明。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。