テスラ、約500万円のセダン「モデル3」を投入

ウェブサイトを通じて販売

 10月18日、米電気自動車(EV)大手テスラは、量産型セダン「モデル3」の新型車を導入した。写真はモデル3。カリフォルニア州で2016年3月撮影(2018年 ロイター/Joe White)

[18日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラ<TSLA.O>は18日、量産型セダン「モデル3」の新型車を導入した。中価格帯の4万5000ドル(約500万円)で、ウェブサイトを通じて販売される。

ウェブサイトによると、新型車の航続距離は260マイル。長距離バッテリー搭載の高価格帯モデルと比べると50マイル短い。

新型車の納期は6─10週間。年内に納入されれば米国の顧客は7500ドルの税額控除が受けられる。来年1月1日からは、テスラ車に適用される税額控除額が半減される。

テスラはモデル3について、価格が3万5000ドルのベースモデルの発売を約束しているが、これまで約4万9000ドルからの高額モデルしか発売していない。年内はベースモデルの生産の予定はないとしている。

今回の中価格帯モデルの発売は、ベースモデルを待っている買い手を引き付ける戦略的方法のようだ。モデル3には40万件以上の予約が入っているが、ベースモデルの割合は不明。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT