スバル、検査不正問題で追加リコール

対象6124台で関連費用4億円

 10月11日、SUBARU(スバル)は、新車出荷前に実施する完成検査での不正問題に関連し、追加のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。写真はジュネーブで3月撮影(2018年 ロイター/Denis Balibouse)

[東京 11日 ロイター] - SUBARU(スバル)<7270.T>は11日、新車出荷前に実施する完成検査での不正問題に関連し、追加のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。リコール対象はまだ措置を行っていなかった「インプレッサ」など9車種、計6124台。不具合や事故は起きていない。

今回実施するリコールの対象は昨年12月14日から同月29日までに製造した全車両で、リコールに伴う費用は4億円。一連の不正問題に関連して実施したリコールを含め累計42万3212台、254億円になる。

同社は9月末の発表では、車の安全性に問題はないとしながらも、リコールの実施については内容を精査し、国交省と協議するとして留保していた。同社広報によると、その後、国交省と話し合い、リコールすべきと判断したという。ユーザーからの問い合わせも数十件あり、今回のリコールで「お客様の不安を払拭したい」としている。

*本文2段落目のリコール台数に関する表現を明確にして再送します。

 

(白木真紀)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT