「育児と仕事の両立」に若手が不安を持つワケ

自力で乗り切るしかないのだが…

特に、今回のタイトルのような「育児」や「仕事」となると、その人にとってはどちらもかなり大事なものでしょうから(そうでなければ、不安とか言ってないで、さっさとどちらかを選んでいるはずです)、その選択の際の負荷も大変なものでしょう。ちなみに、こういうことを言うのは、まだ選んでいない人です。

片方に力を入れるのか、両立をなんとか頑張るのか、既に決まってしまった人は、悩みません。悩んでいる暇などないですし、決まったことを悩む意味もない。決めたことを一生懸命やるので精一杯だからです。

ですから、悩む人は「まだ産んでいない人」「まだどちらに振り切るか、両立するのか、決め切れていない人」が多いと思います。そういう人が、「育児」と「仕事」という、どちらも甲乙つけ難い、人生にとって大切な2つのものの間を、振り子のように揺れて悩んでいるのです。

「なるようにしかならない」ことに悩むのは無意味

しかし、この悩みは私には無駄に見えます。そんなものは「なるようにしかならない」からです。子供が生まれて育児をするようになったとき、配偶者がどれぐらい手伝ってくれるのか、保育所にちゃんと入れるのか、子供がどれぐらい育児の大変な子なのか(おとなしいとかやんちゃとか)、やってみないとわかりません。仕事も、リモートでできるような仕事を会社がアサインしてくれるのか、それは自分の望むキャリアパスを阻害するものではないのか、欲しい能力が身につくのか、やりがいを感じられる仕事なのか。

そんなことも、自分の会社からの評価やそのときの周囲の環境(自分の他にライバル社員がいるのか、自分しかいないのか等)、仕事そのものがそもそもあるのか、などによって変わります。不安に思うのも無理はありませんが、「不安です」という問いに対しては「不安だろうね」と、冷たいようですが、表面的な共感を示すことぐらいしかできません。上司として、本当に何もできないのですから。

ですから、私のお勧めは、日々無益に悩み、「エア決断疲れ」(想像上で決断を繰り返して〈実際にはしていない〉疲れてしまう)になってぐったりするのではなく、まさに「案ずるより産むが易し」で、さっさと産んで、育児をしなければならない状況にさせてしまうということです(と言いながら、出産はアンコントローラブルですが)。

「育児」と「仕事」を両立させるには大変な覚悟、やる気スイッチをONにすることが必要ですが、その「やる気」は脳の側坐核(そくざかく)で生じます。ところが、この側坐核はなかなか自分からは動いてくれず、動かさないと動かないようなのです。よく、ずっとやる気がでなかったことが、重い腰を上げてやり始めるとどんどんやる気が出てきて止まらなくなるという経験はありませんか。これを「作業興奮」と言います。これにより側坐核が活性化し、活動的になり、さらにやる気が生じるという良循環が生まれます。

次ページ変に助け舟を出すとチャンスを奪うことにも
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT