上場アストンマーティン、先行きに漂う暗雲

7回の倒産を乗り越えて成長できるのか

1966年発売の「Aston Martin DB6 coupe」(写真:REUTERS/Arnd Wiegmann)

[ロンドン ロイター] -10月3日、ロンドン証券取引所に上場した高級自動車メーカーであるアストンマーティン(正式名:アストンマーティン・ラゴンダ・グローバル・ホールディングス)の株価は、野心的な新モデル展開計画の先行きの不透明さからくる投資家やアナリストの懸念を受けて一時6.5%下落した。

7回の倒産を乗り越え、昨年には2010年以来、黒字転換した同社は、公開価格を19ポンドに設定、算出される株式時価総額は約43億ポンド(約56.3億ドル)となった。

ところが株価は一時 17.75 ポンドまで下落、現地時刻の午前9時35分には、5%の値下がりをみせた。

積極的な成長戦略

アストンマーティンは、2016年から2022年までの間、毎年新しいモデルを発表する予定。

「同社は非常に積極的な成長戦略を明らかにしているが、その戦略の実行は完璧である必要がある。自動車メーカーにとって、新しいモデルを市場に出すことほど、お金がかかることはない。同社が想定しているよりも新モデルのサイクルが短い懸念がある」とキャッシュフロー・リターンズ・スペシャリスト・クエストのマネージングディレクター、ジェームス・コングドンは述べる。「短いサイクルで新モデルが出てくることは顧客にとっては良い事だが、銀行に見返りはない」。

次ページリスクの軽減
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT